スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」/少女たちよ、武器をとれ

 2007-03-14-23:48

桜庭 一樹, むー

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない -A Lollypop or A Bullet-」
富士見ミステリー文庫

ふわふわしたお菓子は欲しくない。現実に必要のないものは欲しくない。必要なのは実弾、現実の実となるもの。生活に打ち込む、本物の力。

だって、あたし、中学二年生の山田なぎさ。十年前の突然の大嵐で父は亡くなり、ある日突然、家を一歩も出なくなった兄は、母のパート代や父の保険金を食い潰して、引き篭もって好きなものを代引きで買いまくる。好きなものだけに熱中し、傍観者で居る事を決めた兄は、つまり現代の貴族になったのだ。学校帰りに買い物をし、毎日ご飯を作り、主婦しているあたしに必要なのは、この現実を撃ちぬく弾丸。

そんなあたしの前に、ふわふわしたお菓子のような転校生、海野藻屑(うみのもくず)が現れた。冗談みたいな名前に、自分を人魚の「姫」だと言い張る嘘吐きの藻屑は、まるで砂糖菓子のような甘い弾丸、他愛無い嘘を現実に向かって撃ち続ける。

リアリストのあたしに比べ、藻屑の数々の言葉はあまりにも他愛無いものに見えたけれど・・・。藻屑が砂糖菓子のようなその言葉で、必死に撃っていた現実とは何なのか?

目次
第一章 砂糖菓子の弾丸とは、なかよくできない
第二章 砂糖菓子の弾丸と、ふたりぼっち
終章  砂糖菓子の弾丸とは、もうあえない
あとがき


鳥取県、境港市を舞台としたこの物語。甘い表紙に美少女二人。でも、騙されてはいけない。早い段階でネタは割れるし、文庫扉にもあるけれど、これは「青春暗黒」ミステリーなんである。

彼女たちの担任は、子供に必要なのは、安心なのだという。安心から零れ落ちた二人の少女の行方はかなしい。生き残った子供だけが大人になる。でも、

砂糖でできた弾丸(ロリポップ)では子供は世界と戦えない。
萌え系っぽい表紙とは裏腹に、ひりひりと痛い暗黒小説でありました。武器をとれ、と言ったところで、13歳。子供に何が出来ようか?

コメント
こんばんわ。TBさせていただきました。
過去記事に失礼致します。
この作品は衝撃でしたね。
あまりにもかわいそうで、切なくて。
藻屑が何のために生まれてきたのか、考えるだけで切ないです。
ミネラルウォーターをぐびぐび飲んでいる姿が鮮明に浮かんできます。
こんな子どもがいちゃ、ダメですよね。
心にずしっときました。
【2008/11/27 22:01】 | 苗坊 #- | [edit]
わー、トラバありがとうございます♪
これ、確か以前こちらからトラバしようと思ったんですが、どうも苗坊さんから一度こちらにトラバ頂いたもの以外は、こちらからはつけられないみたい…。
fc2め!

ほんと、この作品は衝撃でした。
読んでしばらく落ち込んでしまいました。
萌え系の表紙にすっかり騙されてしまいましたわ…。
いや、読んでよかったんですけど…。
【2008/11/30 22:27】 | つな@管理人 #- | [edit]
こんばんは。
TBさせていただきました。
あ、富士見ミステリー文庫で読まれたんですね。
萌え系の表紙なのに、シビアな、やりきれないお話でしたね。
ふたりがだんだん親友となっていく様子を
もっと見たかったです。
【2008/12/01 02:35】 | 藍色 #- | [edit]
藍色さん、こんばんは。
トラバありがとうございます♪

そうなんですよー、古本屋で見かけたのです。
当時、名前だけよく聞いていて、一冊も読んだことがなかったんですね。
それで、萌え系表紙にも怯まず読んでみたんですが…。
いやー、すごいもん書くなぁ、と思いました。
落ち込みましたよ。
藍色さんが仰っているような、もう一つのあったかもしれない世界を考えると、なんとも切ないですよね。
【2008/12/03 22:36】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/292-67f3635a
  • 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない/桜庭一樹【ディックの本棚】
    砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet  冒頭に「少女のバラバラ遺体発見」の新聞記事が提示される。身元は鳥取県境港市の中学生海野藻屑、発見者は同じ中学に通う友人の女の子。  そして少女の一人称で物語は始まる。  ----転校生、海野藻屑があ...
【2008/08/10 09:52】
  • 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭一樹【苗坊の読書日記】
    砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet 片田舎で13歳の2人の少女が出会った。山田なぎさは父を嵐で亡くし、母と兄との3人暮らし。早く卒業し、社会に出たいと思っているリアリスト。なぎさの通う中学校に、海野藻屑という不思議な少女が転校してくる。 ...
【2008/11/27 21:49】
【2008/12/01 02:36】
  • 桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』について【酒井徹の日々改善】
    ――見事に『現実』を描写したライトノベル―― ■「子供の無力感」を描き切ったミステリー 直木賞作家・桜庭一樹が注目されるきっかけとなった 本書・『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』であるが、 当初この作品は 富士見ミステリー文庫という ライトノベルの文...
【2012/03/02 11:27】
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。