スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「初体験物語」/はじめての・・・

 2007-03-23-20:29
姫野 カオルコ
初体験物語

姫野さんでこのタイトルとくると、あちら方面なのかしらなどと、思ってしまうわけですが(amazonの画像を貼ろうと、「初体験物語」で検索したら、ええ、かなり怪しげなのも引っ掛かってきました)、これはちょっと違う本。はじめて~をしたのは、で始まるエッセイ集。そのはじめての体験は、あいうえお順になっていて、アイ・プチ、アイシャドーから始まり、ワープロ、私がはじめて、で終わる。

初出は雑誌「ダカーポ」の1992年10・21号~1997年7・2号まで。安田成美の「ねえ、薔薇って書ける?」などの時事ネタも含みつつ(この厭らしさに、きっちりと突っ込むのが姫野さんだよなぁ)、今読んでも勿論面白いです。ここに描き出された姫野さんは、まさに姫野さんの小説に出てくる女性を髣髴とさせる人物像(これもまた、一つの演技、なのかもしれないけど)。

よい意味でも悪い意味でも「息苦しいくらい重い」といわれる『喪失記』に比べ、息が楽に出来るような楽しい一冊にしようと考え、編集者が構成してくれたのではないか、とのこと。うんうん、確かに『喪失記』は重かった~。

でもこの本には、姫野さんと姫野さんの小説に出てくる女性を、同一視してしまいそうなエピソードも沢山含まれてて、「ん?」と思うことも多いのだ。真実の姫野さん像が気になるなぁ。骨太美人で料理が上手、という辺りはきっと真実だと思うのだけれど。

そういえば、私を姫野さんに叩き落した『ツ、イ、ラ、ク』 も文庫化されました。また、こういうヘビー級の恋愛小説も読んでみたいものです。


 ← これは、ほんとに凄い小説です。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/288-39d25da3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。