スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「きみの血を」/ジョージの魂が求めたものは

 2007-04-16-22:27
 
シオドア スタージョン, Theodore Sturgeon, 山本 光伸
きみの血を 

陸軍軍曹で精神科医の、フィリップ・アウターブリッジ(フィル)と、アルバート・ウィリアムズ大佐(アル)との往復書簡によって、物語が動いていくという、ちょっと変わった形式の物語。

海外駐屯地で少佐の鼻を殴って、フィルが勤務する陸軍神経精神病院へと送られてきた、兵士ジョージ・スミス。アル大佐は、ジョージは正常であり、適当なテストの後、自由の身にしてやるようにと、部下であり友人でもある、ドクター・フィルにオフレコで頼むのだが・・・。

そもそも、ジョージが少佐を殴ったのは、故郷にいる恋人、アンナに送った手紙の内容について、問いただされた場において。孤独と釣り、狩りを好む、大男であるジョージ。「なぜ狩りをするのか」。この質問もまた、彼にとって禁忌なようである。この質問を少佐にされたジョージは、コップを握り潰して、少佐に殴りかかろうとしたのだ。ジョージが恋人、アンナに送った、たった三行の手紙。その内容とは一体どんなものだったのか?

フィルが少しずつジョージの謎に迫る毎に、薄紙を剥ぐ様に、ごく普通の、若しくはちょっと寡黙なだけの人間であるかのように見えた、ジョージの異常性が少しずつ明らかになっていく。ミステリとして読んでも、サイコ・ホラーとして読んでも、これは結構怖い物語。

中盤、テストの一環として、フィルがジョージにこれまでの自分について、客観的に書いてみるようにと指示し、ジョージによる約80ページ程の手記が語られる。例えばそこで語られる森の様子、狩りの様子は、生き生きと魅力的だし、不幸な子供時代、少年時代も、貧しいアメリカとして、時に読むことがあるものだ。でも、きっと、これを読む人は、この物語を最後まで読んで、もう一度この手記に戻るんだろうなぁ。確かに、全てはそこに書いてあるのだもの!(でも、こんなの気付けないってば)

シオドア・スタージョンはSFの巨匠であるそうだけれど、この物語ではSFっぽいのは、あえて言えば、最初と最後の字体が違う部分、この物語全体を俯瞰するような視点のみかなぁ。もっと読み辛いと思っていたのだけれど、ジョージの秘密が気になって、どんどん読み進めてしまいました。うーん、巧い! でも、ジョージに「わかるだろう?」といわれるたびに、ちょっとゾッとしました。ジョージがそうなってしまったのも分かるけど、でも、その行為については分かりたくないよー、という感じ。

(あ、一点、ジョージの父さんの会話文の訳が気になりました。英語が上手く話せないヨーロッパ系移民ということで、ああいう話し方になっちゃったのかなぁ。ちょっと緊迫感が削がれましたよ(おう、ええ匂いやんけ」とか、そりゃないよ~)。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/270-e84ab6dc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。