スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ジェノサイドの丘・下」/終わらない悪夢とほんの少しの希望

 2008-05-03-00:33
ジェノサイドの丘〈下〉―ルワンダ虐殺の隠された真実ジェノサイドの丘〈下〉―ルワンダ虐殺の隠された真実
(2003/06)
フィリップ ゴーレイヴィッチ

商品詳細を見る

上巻においても、とてもとてもルワンダで起こった大虐殺を理解出来たとは言えなかったんだけど、下巻においては更にそれが加速してしまいました。上巻が主にルワンダの人々個人にスポットがあてられたのに対して、下巻では所謂「国際社会」の「人道支援」について、隣国ザイール(コンゴ)も含めて、多くが費やされている。そのため、色々とこんがらがってしまいました。時系列も、上巻と被っていても、また違うことが書かれているし…。

覚えておきたい部分を引用します。

ジェノサイドとそれに対する世界の反応を論じていたとき、カガメ将軍がこう言ったことがある。「我々に悲しむなと言わんばかりの人もいる。我々は動物のようなものだと思っている。家族を失ったら、慰めて、お茶とパンをくれて―そして忘れてしまえと言う」カガメは舌打ちした。「我々を見下しているんじゃないかとさえ思う。よく、ソーダ水を配っては、『これをやっちゃいけない、これをやるべきだ、これはしない、これをしろ』と言いたがるヨーロッパ人と言い合いになった。わたしは『あんたには感情ってもんはないのか?』と言った。その感情にみんな苦しんでいる」 (p219-220より引用)

カガメの理解するところでは「アフリカと西側諸国は多くの点で隔たっている」だが国際社会にとっての敗北が誰にとっての勝利でもないかもしれないと、カガメはわかっているようだった。カガメはこれまでひたすら中央アフリカで、「文明社会」と呼んでいたものと戦うのではなく、そこに仲間入りするために戦ってきた。だが、今や世界は「難民問題」を利用して自分たちの進歩を破壊しようとしている。「それが彼らの本当の目的なのだ。人権などではなく、もっと政治的なものだ。『この発展は押しつぶしてしまえ。アフリカ人が勝手に自立しようとしている危険な発展はつぶしちまえ』ということなんだよ」(p224より引用)

繰り返し語られるのは、「援助」が無駄どころか、新たな害悪を撒き散らす姿。金、人、物資の誤った使い方には、思わず暗澹たる気持ちになってしまうほど…。国連で働くということも、イメージで思っているほど、綺麗なことでも、理想を追うことでもないんだろうなぁ、きっと。

ルワンダの悲劇の一つは、隣人を殺した人間と、生き残った人間が、同じ場所でもう一度生きなおさなければならないこと。これほど過酷な環境で、赦し(とはいえ、命令に従っただけと、真顔で話す殺人者には、自責の念すらないこともあるのだ)が必要とされるのは、本書でも言及されていたけれど、人類史上まれに見ること…。この苛酷な状況の前には、本当に声も出ない。
□上巻の感想にリンク
□ルワンダ支援のために活動しておられる、「ワンラブプロジェクト」さんのルワンダ事情にリンク
□Wikipediaのポール・カガメの項にリンク
□Wikipediaのモブツ・セセ・セコの項にリンク
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/27-044bc563
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。