スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「砂漠で溺れるわけにはいかない」/少年ニールの成長物語、完

 2007-04-27-23:51
 
ドン ウィンズロウ, Don Winslow, 東江 一紀
砂漠で溺れるわけにはいかない 

「ストリート・キッズ」で鮮烈な印象を残した、ニール・ケアリーのシリーズ最新刊にして最終巻。いや、手に入れたものの長らく積読してたので、最新刊といっても、2006年8月に刊行されたものなんだけど・・・。

とはいえ、それもまた翻訳に掛かった長い年月を思うと、ほぼ一瞬の出来事なのかも。本国ではほぼ年間一冊というペースで書かれたこの五作のシリーズ、日本語訳は最初は同じく年一冊ペースだったものの、完結までに十三年半・・・。訳者の方にも色々事情があったようですが、やっぱり、これ、同じペースで読みたかったよ。

「ストリート・キッズ」で、ニールがジョー・グレアムからストリート・キッズの暮らしから引き揚げられたのは、彼が十一歳の時。ニールは探偵のイロハから掃除のイロハ、正しい食生活まで、このグレアムに徹底的に仕込まれる。このニール・ケアリー・シリーズは探偵物語でもあるんだけど、このような出自によるものか、ニールはある銀行の秘密部門、<朋友会>から依頼(というか、大抵の場合、強制な気もするけど)された仕事を遂行するものの、彼は探偵の免許を持ったこともないし、専従で仕事をしたこともない。彼の望みは、こよなく愛する十八世紀の英文学を研究して暮らすこと。彼の「仕事」の部分をとりあえず脇に置くとすると、これは彼の成長物語でもある。

ニールはグレアムに素質を見出され、この探偵仕事を始めた事になっているんだけど、実際、ニールはその若さと無害な外見を生かした潜入は得意なものの、その後の首尾はいつもあまりよろしくない。腕力だってないし、信じやすい性格からか、逃してはならない人間を良く逃していたりもする。大抵の場合、普通の「探偵」は、その仕事の前後において、自らが変わることは少ないと思うのだけれど、ニールの場合、その事件に思いっきり影響を受け、傷つき、事件後には受けた傷を癒すため、隠遁生活を送っていたりもする。ま、隠遁といったところで、大抵<朋友会>からは逃れられていないんだけど・・・。そんなわけで、よーく考えるとあまり探偵業に向いているようにも思われない・・・。

さて、そんなニールが今回駆り出されたお仕事は、ラスヴェガスのホテルから、齢八十六になる老コメディアンを自宅に連れ戻せ、というもの。相手の居場所だって分かっている、送り届ける場所だって確かだ、おまけに相手は高齢の爺さんと来た、グレアムの言うとおり、楽勝の仕事に思われたのだが・・・。その爺さん、ネイサン・シルヴァースタイン、若しくはナッティ・シルヴァーはのらりくらりとニールをはぐらかし、とうとうニールを撒いてしまう! 

今回のニールの個人的な事情としては、彼は二ヶ月後に「高く孤独な道を行け」で出会ったカレンとの挙式を控えている。そのことは彼にとっても大変結構なことなのだけれど、無性に子供を欲しがるようになったカレンに困惑し、そのことで互いにギクシャクしたまま、この事件のためにカレンと暮らす家を離れる事になる。ナッティを連れ戻しにいっても、頭はカレンと子供の事でいっぱい。もしかしたら気付けたかもしれないヒントをことごとく見逃した結果、ニールはナッティに逃げられ、どうしても自宅に帰りたがらないナッティの事情に気づく事がない。

老コメディアンであるナッティの昔話、ナッティとホープの関係など、最初はうんざりしていたものの、ニールは人生の先達として、彼らを尊重というか、ある意味では尊敬するようになる。そして、ニールが何よりも恐れる「子供を作る」ということ。彼の母親は麻薬中毒の売春婦であり、父親は母親の客の一人にして、顔も名前も分からない。ニールには家庭が分からないし、そもそも自分が父親になれる自信だってない・・・。そのニールの心が、この老コメディアンとの旅路の中で、少しずつ動いていく所が今回の見所でしょうか。

「ストリート・キッズ」から始まったニールの旅も、随分遠くに来たような気がします。しかし、「ニールの成長記」として読むなら尚更、もっと速いペースで読みたかったな、と思うのでした・・・。ストリート・キッズ」にて、ジョー・グレアムに出会って擬似的な親子関係を結び、最終巻の「砂漠で溺れるわけにはいかない」にて、こわごわと家庭に向けて一歩を踏み出す。新たなニールシリーズを読むことはもうないわけだけれど、ニールの今後の人生が幸せであるといいな、と思う。

   
←シリーズのその他四作。このシリーズは装丁とタイトルも魅力の一つ。
コメント
 こんばんは~。
 違うところにご挨拶です。
 うーん、やっぱりつなさんも、「ウォータースライド・・」は別枠なのですね。自分もそうです。この「高く・・」で止めておけばいいものを、と思ってしまいました。ここまでは、ニール・ケアリーものはどれも楽しかったし、みんなに「いいよ、これ、いいよ」と言えたのですが^^
【2008/09/16 21:59】 | 樽井 #- | [edit]
わーい、こちらにもありがとうです。
そうなんですよ、「ウォータースライド…」はねえ、なんかいまいちでしたよねえ?
でも、あれでも、ぽんぽんと刊行されてれば、そんなに気にならなかったのかも…。
あんだけ待たされてこれか!!というのも、判断に影響しちゃってるように思います。
なかなか翻訳が出ない、幻の作品でしたもんねえ。

でも、一応ね、「砂漠で溺れるわけにはいかない」が気に入ったので、私の中では少しは持ち直しましたよ。
樽井さんは如何だったでしょうか?
【2008/09/16 23:35】 | つな@管理人 #- | [edit]
 こんばんは。
 「砂漠で・・」はコメディアンを連れ帰る話でしたよね。
 どうだったかなぁ。大プッシュでもなければダメだしもなかったような、、というか、これでもう最後なんだなぁというのが先にたったのが一番印象に残っちゃっていますね。あと、ニールがあんまりキレがよくないというか、腕利きじゃなくなっちゃっているのを気にしたような記憶があります。
 最初の三作がよすぎたせいかな、、、でも、ごめんさない、ちょっと印象がうすくなっています。そういえば、ドン・ウィンズロウさんは「歓喜の島」と「ボビーZ」が映画化とかいう話はちゃんとうまく進んだんでしたっけ?
【2008/09/18 22:40】 | 樽井 #- | [edit]
樽井さん、こんにちは!
そうそう、そういうお話です~。
お話としての完成度は確かにそうなんですが、私も最後なんだなぁというのがきちゃってたのかな。
そして実は私、そもそも、ニールに探偵としてのキレをあまり期待してない面も…。
ずっとそうだったと思ってたけど、最初はもそっとキレがあったんでしたっけ??

うわ、「ボビーZ」は辛うじてタイトルを聞いたことがあるけど、「歓喜の島」は全然知りませんでした。
で、「ボビーZ」の方は、DVDに落ちてるみたいですよ。
その紹介を見たら、割とややこしそうな話ですね。

「カリフォルニアの炎」はニール・ケアリーシリーズと、訳者が同じなんですよねー。と思ってたら、そうか、「ボビーZ」も東江さんでしたか…。こちらも機会があれば、チェックしてみたいです。
【2008/09/21 15:20】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/265-57e09a38
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。