スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「オチケン!」/青春落語ミステリー

 2008-05-01-22:25
02924968.jpg
オチケン!―Rakugo Club The Key to Solving Mysteries (ミステリーYA!)
(2007/10)
大倉 崇裕

商品詳細を見る

オチケンとは、主人公がなし崩し的に所属する事になる「落語研究会」(略してオチケン)と、主人公その人の名前、越智健一とのダブルミーニング。主人公である、大学新入生の越智は、その名を見込まれ(だって、オチケン!)、廃部寸前の落語研究会に引き摺りこまれる。アルバイトに授業にサークル。越智が夢描いていた楽しいキャンパスライフは、オチケンに入ったことで、音を立てて崩れていくのだけれど…。

ええい、扉の紹介を引いた方が早いので、そちらを紹介。

大学に入学して早々、廃部の危機に瀕した落研(オチケン:落語研究会)に入部するはめになった越智健一。
そこで待ち受けていたのは、古い部室(幽霊が出る噂アリ)と、風変りな二人の先輩―天才的な落語の才能を持つ(らしい)、飄々とした岸と、爽やか青年なのに、なぜか押しが強い中村―だった。落語なんてまったく知らず冷や汗ものなのに、勝手な先輩たちに振り回され、ろくに授業も出られず、サークル間の陰謀にも巻き込まれる。そのうえ、キャンパスで奇妙な事件が起きて……。
抱腹絶倒の中篇を二篇収録した、連作落語ミステリー


もくじ
その一 幽霊寿限無
その二 馬術部の醜聞
付録 落語ってミステリー!?
あとがき
落語でミステリーと言われると、どうしても北村薫さんの「円紫さんとわたし」シリーズと比較したくなってしまうのだけれど、楽しい青春小説として読めば、軽く読めちゃうし、これはこれでまた良しかと。オチケンのライバルも、「お笑い研究会」はともかく、「折り紙の会」や、えらく体育会系でもある「釣竿会」などとなかなか渋くって、所謂王道的ではないところも、ちょっと親近感を覚えてしまいました。私の場合、テニスサークル全盛時代に大学生活を送ってたんだけど、そういったメジャー系ではない、マイナーなところに所属してました。ま、大学生活なんて、何やったって自由なわけで、自分が楽しければそれでいいんだよなー、と思うけど。

付録を読んで、少々意外な思いがしたのが、著者、大倉さんの落語への熱い思い。落語に親しみがない層に興味を持ってもらえれば、という狙いは十分成功しているように思えます。でも、これだけ熱い思いがあるのならば、もっとディープにいっちゃってもいいのでは?、とも思うけど。

これは、シリーズ化を狙ってるのかなー。とりあえず、授業をこんなにサボっていては、まず何よりも進級が危ういようにも思えるけどねえ。がんばれ、越智くん!
コメント
こんばんわ。カキコありがとうございました。
そういえば、お引越しされてからは初めてのカキコですね・・・。
ご挨拶が遅くなりまして^^;すみません。
落語はちょっと興味を持ち始めています。
面白かったですね。文章もわかりやすかったですし、登場人物もみなさんそれぞれ良かったです。
なかなか一筋縄では行かない方々ばかりで^^;越智君も大変ですね。
続編が出るらしいのでそちらにも期待したいと思います~。
【2008/05/01 23:52】 | 苗坊 #0eLTUZNg | [edit]
苗坊さん、こんばんは~。
あ、そういえばそうですね!
苗坊さんに遅れること、何年でしょうか?笑 結局、やっぱり引っ越ししてしまいました。
こちらこそ、きちんと挨拶もせずすみません。
これからも、どうぞよろしく。

落語、面白そうですよね。
ちくま文庫の「上方落語 桂米朝コレクション」は気になる存在です。
(でも、全8巻なんだけど!)

続編、あるんですね。
越智くんが、無事に進級を果たしているといいなぁ、と思います。笑
癖のある新入生が入ってきて、またしても振り回されたりしても、楽しそう~。
【2008/05/02 22:06】 | つな@管理人 #- | [edit]
こんばんは。
落語ミステリーって初めて読みましたけど、とても面白かったです。
大倉さんの落語への熱い思いがよく伝わってきました。
越智君を可哀想に思いながら、やっぱり笑えちゃいました。
続編、楽しみですね。

以前の記事への追加コメント、ありがとうございます。
気にしてくださって、うれしかったです。

トラックバックさせていただきました。
【2008/05/16 02:16】 | 藍色 #- | [edit]
藍色さん、こんばんは~。
そうですねえ、落語でミステリーと言うと、記事中にも書きましたが、私がぱっと思い出すのは、北村薫さんの「円紫さんとわたし」シリーズ。
こちらも面白いですよ♪
実は私は付録を読むまで、大倉さんの熱い思いに気付けなかったんですが…。汗
軽く楽しく読むことができるけれど、丁寧に描かれていて良かったです。
越智くん、ほんとかわいそうですよね。笑
続編でも、やっぱり振り回されてしまうのでしょうか。

トラックバックありがとうございました。
前回のコメント、ほんと申し訳なかったです~。
【2008/05/17 00:02】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/26-5616fd15
  • オチケン! 大倉崇裕【苗坊の読書日記】
    大学に入学して早々、廃部の危機に瀕した落研に入部する羽目になった越智健一。 そこで待ち受けていたのは古い部室と風変わりな先輩二人。 天才的な落語の才能をもつ(らしい)、飄々とした岸と爽やかの青年なのに何故か押しが強い中村。 勝手な先輩達に振り回....
【2008/05/01 23:51】
  • オチケン! 大倉崇裕【粋な提案】
    オチケン!―Rakugo Club The Key to Solving Mysteries (ミステリーYA!) 装画・ブックデザインは丸尾靖子。理論社ミステリーYA!大学生になった越智健一は廃部...
【2008/05/16 02:05】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。