スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「過ぎる十七の春」/それは哀しき呪い

 2007-05-07-23:54
小野 不由美
過ぎる十七の春
講談社X文庫ホワイトハート


東亰異聞 』を読んで小野不由美さんの作品に興味が出てきたのと、波津彬子さんの表紙絵に惹かれたので、この本を借りてきました。
?
波津さんに関して言えば、表紙絵だけではなく、ところどころに挿絵も入っていて、うーん、満足。やっぱり、波津さんの絵は美しいなぁ。

さて、筋書きはといえば。

長い休みには従兄弟の隆の家で過ごすのが、直樹と典子の兄妹の決まりごとだった。この三月も、いつものように従兄弟の家へとやって来たのであるが・・・。

彼ら兄妹を里山で迎えたのは、いつもの春と変わらぬ咲き乱れる野の花々だったけれど、従兄弟の隆の様子だけが違っていた。この春はいつもと違う・・・。母一人、子一人で暮らす心優しい隆が、伯母に向ける視線は暗かった。愛猫の三代も、なぜか隆に近寄ろうとはしない。

直樹の母も、隆の母も、「十七」という言葉に過敏に反応する。直樹、隆の二人が十七を迎えるこの春。彼らに一体何が起こるのか??

ホワイトハートだから、ってわけではないのだろうけれど、お話としてはちょっと食い足りないかな。キャラはみんなそれなりに良いし、典子に妹萌えはするかもしれないけど。一応ホラーに分類されているみたいだけれど、それなりに整合性があるので、あまり怖い話ではありません。どちらかといえば、哀しいお話(ま、でも、綺麗に纏まってるので、どこかで読んだ話とも言えなくもない)。

「あとがき」によると、この作品、過去、呪われた十七歳』というタイトルで、朝日ソノラマから出版されていたそうです。なんか、ホワイトハートとソノラマの違いを見るようで、ちょっと面白かったです。ソノラマの方は、ちょっと怪しげだよねえ。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/258-87d314ae
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。