スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「所轄刑事・麻生龍太郎」/その運命の前の姿・・・

 2007-05-15-23:30
 
柴田 よしき
所轄刑事・麻生龍太郎

柴田よしきさんのRIKOシリーズのスピンオフ。ネット上を見ても、シリーズの主人公RIKOよりも、麻生の恋人であるヤクザの山内練が圧倒的に人気だし、『
聖なる黒夜 』を読んじゃうと、麻生その人にも興味が出てくるよねえ。

というわけで、この「所轄刑事・麻生龍太郎」は、あの麻生が所轄時代に出会った小さな事件を描いた連作集。後に、優秀な刑事として本庁で名を馳せ、その後、山内と出会った事で、退職する事になる麻生・・・。彼のまだ初々しい時代とでもいいましょうか・・・。

目次
大根の花
赤い鉛筆
割れる爪
雪うさぎ
大きい靴
エピローグ


龍太郎が配属されたのは、東京の下町にある高橋署。そこで起こるのは派手な事件ではなく、ごく簡単なものに見えるのだけれど、龍太郎は刑事には珍しいタイプだとからかわれながらも、一つ一つの齟齬を潰していく・・・。浮かび上がるのは、月並みな表現にはなるけれど、悲しい女の事情や、人の悪意などなど。

話の筋はさすが柴田よしきさんと言うべきか、特に問題なくするする読めちゃうので、後は安心して麻生龍太郎というキャラクターを楽しむことが出来る。

たとえば刑事という職業に対しても、たとえば出世に関しても、何事にも執着することなく、淡々と日々を過ごす龍太郎。それが、「聖なる黒夜」に繋がるのかと思うと、なんか、ねえ。だから、これは山内練に会う前の(正確には二度目の出会いが重要なわけだけど)、その運命の前の龍太郎の姿。

そして、全く報われない及川の恋情がここにも描かれていて、龍太郎に執着しながらも(聖なる黒夜」を読めば、それは狂気にすら見えるのに)、龍太郎の心が自分にはない事を、理解出来てしまう冷静さがまたかなしいというか、可哀相というか・・・。

RIKOシリーズを読んでいた時に、麻生や安藤、及川あたりは、緑子よりもかなり先輩だったので、高須などよりは幾分か影が薄かったんだよなー(そういえば、高須もいつか幸せになれるのでしょうか? なんだか、彼も不幸そう・・・)。ああ、及川の部分だけでも、読み返したい! えーと、四課にいる柄と口も悪いけど、やたらと切れ者との噂の人物って、あれ、及川だったっけなー。うーん、記憶は全て朧・・・。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/252-750081f8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。