スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「こんなに面白い江戸の旅」/もしも江戸時代にガイドブックがあったなら?

 2007-05-16-21:52
菅井 靖雄
こんなに面白い江戸の旅―東海道五十三次ガイドブック ?
東京美術

日本橋から始まって、三条大橋に至る東海道五十三次の旅。江戸から京都までは、通常、徒歩で15日。この15日間の旅には、さまざまな難所がある。そういった街道情報や、宿近くの名所・名物、また歴史・伝説・事件などを紹介する本書は、まさに江戸時代のガイドブックとも言えるのかも。

宿賃や川渡しのお代も出ておりまして、その物価の換算は、幕末に近い19世紀前半の米相場と現代の米価比を基準にしたとのこと(その換算によると、宿場の宿賃、200文は約4400円に相当する)。

目次
はじめに
かしこい旅の用心集
カラー特集
 早泊まりの早立ち
 旅は道連れ世は情け
 旅は憂いもの辛いもの
 備えあれば憂いなし
◎日本橋
1品川宿~53大津宿
◎三条大橋
特集1 宿・立場・間の宿
特集2 関所通行の心得
特集3 宿と飯盛り女
特集4 駕籠、馬、船渡し、徒歩渡し
特集5 覚えておきたい鳥居の種類
特集6 官製地図「五街道分間延絵図」を手に入れよう
旅の参考図書あれこれ
索引


見開き二頁を使って説明される宿のあれこれ。
箱根の宿の記述には、山本一力さんの「
牡丹酒 」における関所の描写を思い出した。

自分に身近な土地から読み始めても良いのかも。
近くにこんな伝説や事件があったとは、などと新たな発見があるやもしれません。
(ま、わたくし、大分すっ飛ばして読んじゃった感はありますが・・・)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/251-4826548c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。