スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「前巷説百物語」/又市、如何にして僧形の御行となりにしか

 2007-05-27-21:31
前巷説百物語 (怪BOOKS)前巷説百物語 (怪BOOKS)
(2007/04)
京極 夏彦

商品詳細を見る
下手を打った仲間を庇ったせいで上方にいられなくなり、江戸へと落ち延びたまだ若き日の又市。この頃の又市の生業は双六売りであり、あのお馴染みの御行姿ではない。

これは、又市、如何にして僧形の御行となりにしか、の物語。

目次
寝肥(ねぶとり)
周防大蟆(すおうのおおがま)
二口女(ふたくちおんな)
かみなり
山地乳(やまちち)
旧鼠(きゅうそ)


まだ若く、少々青臭くもある又市が、縁を得て助けることになったのは、損料商いゑんま屋の仕事。蒲団から何から生活に必要な細々とした小物を貸し出し、その損料を取る、表向きはごく普通の損料屋としての顔を持つゑんま屋には、もう一つの顔があった。

それは依頼人が受けた損を、見合った銭で買い取るというもの。人を貸し、知恵を貸し、依頼人の損を丸ごと肩代わりして、穴埋めしてやる。ゑんま屋主人のお甲が言うには、ゑんま屋の商売は堅気相手の商売、裏の渡世のもの達とは、切れた商いだというのだが・・・。

そう、この時点では又市は半端者の無宿人ではあれど、まだまだ堅気。ゑんま屋主人のお甲や仲間たちには、時にその青臭さをからかわれたりもするけれど、お甲は又市のその青臭さに一つの救いを見る。口は達者だけれど、腕っ節は滅法弱く、暴力沙汰を嫌い、人死にが出るのを何より嫌がる。騙り、賺し、何でも御座れ、この頃から小股潜りを名乗る又市、そんなに言うなら、己が上手く纏めてみせよ、というわけ。

堅気相手の損料仕事だとは言うけれど、やはりどこか危うくもあるこのゑんま屋の裏の稼業。それとは気付かず、裏の渡世のものどもの邪魔をしてしまった事から、又市ら、ゑんま屋所縁の者たちにも、一気に危険が迫ることになる。一つの損を見合った大きさで埋める、ところが、彼らはやり過ぎてしまったのだ。損を上回る損は、また次の損を呼び・・・。それは形をつけずには、終わることがない。そうして、又市は僧形の御行となる。「御行奉為―」。

又市の姿、又市の鳴らす鈴にはちゃんと意味があったんだねえ。誰よりも人死にが出ることを嫌っていた又市だというのに、又市はあまりにも多くの死を見なくてはならなかった・・・。辛いなぁ。「巷説百物語」シリーズは、やはり哀しい物語。

巷説百物語シリーズ解説書なるものが付けられていて、年表や地図、巷説相関図があるのは、嬉しいのだけれど、ああ、まだ情報量が足りない!、と思ってしまうのです。普通の本だったら十分だと思うけど、何せ京極さんの本だからねえ。

お馴染みの名前から、この物語のみに出てくる名前まで。後の物語である、その他の物語に名前が出てこないことから、それとは知れるけれど、飄々とした元・侍の山崎寅之助なんかは、如何にも惜しかったなぁ。後の山岡百介を思わせる、本草学者の久瀬棠庵なんかも、どこかに落ちて生延びていないのかしらん。

元々は、「巷説百物語」のみを読んでいて、必殺仕事人のようなシリーズだよね、と一冊読んで見切った気になっていたのだけれど、又市が仕掛ける仕掛けのように、この巷説シリーズ自体が、京極さんの大きな一つの仕掛け。全部読まないと、絶対勿体無いシリーズです。そして、文庫になったら、絶対全巻揃えるんだーーー!!

「前巷説百物語」、まだまだ青臭い又市を満喫しつつ、でも、やっぱり、哀しい、切ない物語でありました。この時代に実際あった、非人という枠についてもきっちり描いてあるところもいい。人の世はまっこと哀しいもの、だけどね。

☆関連過去記事☆
・「続巷説百物語
・「後巷説百物語
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/244-f82d1394
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。