スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「東京バンドワゴン」/ほのぼの下町、大家族ストーリイ

 2007-05-28-22:23
小路 幸也
東京バンドワゴン

東京の下町、お寺のやたらと多い辺りのどこかにある、三代続く古本屋、築七十年になる<東亰バンドワゴン>。右から左へと書かれた<東亰バンドワゴン>の看板の下では、時に右から左へと読むことを知らない若者が、「ンゴワドンバなにひがし?」と呟いているのだとか。

この<東亰バンドワゴン>で暮らすのは、実に四世代にわたる人々。おじいちゃん、おとうさん、孫、曾孫・・・。古本屋を切り盛りするのは、まだまだ現役の堀田勘一、七十九歳。それを手伝うのは、元大学講師の孫の紺。古本屋に併設したカフェは、孫の藍子と紺の嫁、亜美が切り盛りする。四世代の人々が暮らすここ、堀田家では毎日が大騒ぎ。近所の人々、古本屋の常連をも巻き込んで・・・。

これは、そんな<東亰バンドワゴン>を通り過ぎる、春夏秋冬の物語。

そして、この物語の語り手は、堀田サチ(故人)。このおばあちゃんの語り口が何ともほのぼの。優しい人々が集うこの物語にぴったりなのだ。

目次
春 百科事典はなぜ消える
夏 お嫁さんはなぜ泣くの
秋 犬とネズミとブローチと
冬 愛こそすべて

何かがすっごく優れているとか、そういう物語ではないのだけれど、ほのぼのと安心できる物語。こういう話も好きだなぁ。ドラマ化などに、適している感じ。

春には、近所の女の子の家族の問題を一つ解決し、夏には堀田家の嫁、亜美の実家との仲を修復し、秋には本に纏わる謎を解決し、冬には晴れて、孫の青とすずみが結婚する・・・。

賑やかに、穏やかに大家族の時は流れるのだけれど、実は、この堀田家、所謂普通の大家族ではない。父の我南人(がなと)は「LOVEだねえ」が口癖の根無し草のような伝説のロッカーだし、孫の青は父の我南人が愛人との間に作った子供だし、孫の藍子は頑として父親の名前を言わないシングルマザー。それでも、みんな家族なんだよね。

どうやら、続編もあるようだけれど、藍子に思いを寄せるイギリス人のマードックさんも幸せになれるといいなぁ。すっごい読みたいけど、わが図書館に入るのは一体いつの日なのかなぁ・・・。

小路 幸也
シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/243-f66bb5a0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。