スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「世界風紀行―見えない風が見える」/風を写した写真集

 2007-06-07-23:13
世界風紀行―見えない風が見える世界風紀行―見えない風が見える
(2002/10)
環境デザイン研究所

商品詳細を見る
これはねえ、いい本ですよ。
定価3200円と、それなりのお値段はするのだけれど、これはちょっと手元に置いておきたい感じ。

たとえばちょっと疲れたときも、ちょっと凹んだときにも、自分が行ったこともない(そして今後きっと行くこともない)世界のどこかでは、今自分がいるところとは違う風が吹いている。

載せられた風も実に様々。

ノルウェーの海岸やフィヨルド内に吹く、幻想的なエルベガスト(Elvegust)、メキシコの、チョコレート色をした土埃から名付けられたChocolatero(チョコレテロ:チョコレート屋)、夏期、アフガニスタンや中央アジアの過熱した平原に絶え間なく吹く、「120日間の風」とも呼ばれるAfganetz(アフガネッツ)、インド半島南西部の海岸のElephanta(エレファンタ:強く激しい風であることから「象」と命名)、中国、黄山の馥郁とした南風、Kai(カイ:凱風(カイファン))、同じく黄山のI Tien Tien Fung(イ・ティエン・ティエン・ファン(一天天風:空の溜息))・・・。

日本のものでいえば、あの凶作をもたらす東北地方のYamase(山背)なども。教科書で習っただけの山背だけれど、いかにも冷害の源になりそうな冷たさが伝わってくる。

後ろに載せられた、「世界風名集」、「日本風名集」も楽しい。風に関する言葉って沢山あるのだ。

色も形も見えない「風」というもの。世界各地の風を集めたこの本は、刊行までに5年の月日を要したそう。厳選された100枚の写真、いいですよ。「本書に登場する局地風」として、世界地図もきちんと載せられています。

目次
ヨーロッパの風 1~20
アルプス周辺の風 21~27
地中海周辺の風 28~45
アフリカの風 46~55
北アメリカ・南アメリカの風 56~76
オセアニア地域の風 77~82
アジアの風 83~100
 世界風名集
 日本風名集
 あとがきにかえて
 風の気象用語
 撮影者リスト
 参考文献/ブックガイド
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/236-75df931f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。