スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「とぶキャベツのひみつ―黒うさぎ王国」/めるさん!

 2007-06-20-22:57
柏葉 幸子, めるへんめーかー
とぶキャベツのひみつ―黒うさぎ王国
旺文社
Ciel Bleu 」の四季さんの少し前の記事を読んでいて、俄然読みたくなってきちゃっためるへんめーかーさんの本。

 ■四季さんの記事はこちら → 「魔法の鍵」めるへんめーかー企画・編
  

でもさ、図書館などで狙ってるのが悪いのだけれど、なかなか手に取ることは出来なくって。ふと思いついて、検索してみたら、めるへんめーかーさんが、表紙や挿絵を描かれている本を発見! 前置き長いですが、借りてきたわけです。

この本自体は、正真正銘の児童書。そうだなー、30分もあれば読みきっちゃいます。うーむ、こういう本は、子供の頃に読みたかったね。

主人公は、小学二年生の少女、ミト。三歳の妹が出来てからは、両親は妹のことでてんやわんや。「おねえちゃんなんだから」、と何かと叱られてしまうのも、何だか面白くない感じ。

さて、そんなミトのもとに、ある夜、黒うさぎたちがやって来た。彼らの王国を治める百二十四代目の女王が行方不明となり、ミトが百二十五代目の女王に指名されたのだという。人間の女の子が、黒うさぎ王国の女王様だって?!

黒うさぎ王国へと連れて行かれたミトは、御前会議にて「キャベツ問題」を解決するよう求められる。更にはもののはずみで、満月祭りまでの三日の間に、キャベツを救う事を約束してしまい・・・。

無事、黒うさぎ王国のキャベツ問題を解決したミトだけれど、これは行きて帰りし物語。ミトの夜の冒険を知るものは、パジャマについた白い塗料のみ・・・。

めるへんめーかーさんといえば、久美沙織さんの「丘の上のミッキー」シリーズの表紙・挿絵が印象深いのだけれど、児童書の表紙なども描かれていたのだね。またまた話は飛ぶけれど、私、久美さんは、メジャーな「丘ミキ」よりも、ハードボイルドならぬ半熟(ハーフボイルド)探偵のせりか&遥が好きだったのです。でも、これ、ご存知の方って、おられるのかしら。

「丘ミキ」で印象深いのは、ヨットの操縦法だけさ・・・。当時、私がヨットに抱いていたイメージは、もそっと優雅なイメージだったんだけど、ヨットって結構体育会系なんだよね。いまだにヨットを見ると、帆(でいいんだっけ?)が頭の上をぶうんとよぎるイメージが浮かんでしまいます。

もくじ
わたしが女王様?
めちゃくちゃな御前会議
キャベツがとんでる!
ゆくえふめいの女王
スーズ夫人、キャベツにおそわれる!
パジャマのしみのひみつ 

☆過去に読んだ、めるへんめーかーさんの漫画
・「歌う竜 」?
・「銀の竪琴 金の声 」?
・「光の回廊 」?

四季さんが記事にしておられる企画本や、それをまた漫画化した作品も読んでみたいけど、なかなか難しそうですね。ああ、絶版の壁!
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/229-746ffb8e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。