スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ダヤンと時の魔法」/ダヤン、過去へと旅をする

 2007-07-05-22:28
池田 あきこ
ダヤンと時の魔法―Dayan in Wachifield〈3〉

わちふぃーるどは、四季の美しさに溢れた世界。そう、それはこんな歌にも良くあらわれている。

 ふゆは タシルのふゆは 炉辺で ぬっくぬく
 はるは タシルのはるは お日様 ぴっかぴか
 なつは タシルのなつは 草木が ざっわざわ
 あきは タシルのあきは 夕焼け ぎっらぎら
 タシル わがタシル 愛しのタシルの街よ 永遠に(とわに)

この巻では、そんなうるわしいタシルの街の平和が脅かされる。前巻でダヤンたちを脅かしたのは、死の森の魔王だったけれど、わちふぃーるどには、実はもっと恐ろしい存在があったのだ。それは、わちふぃーるどの雪の神。魔王、死の森を出ることあたわず、との約束を破り、魔王がジタンの秘密を求めて北へと向かったことから、雪の神の怒りが天を衝く。

ダヤンはジタンとともに、わちふぃーるどを救うため、過去への旅に出る…。

この過去への旅は、本来の歴史の流れの中で、もともと定められていたものだったのだけれど、雪の神の怒りのために、この旅の様相は変わってしまい、困難なものとなってしまう。それでも、ダヤンとジタンは、タシルのみんなや、出会った動物たちに助けられながら、旅を続けるのだ。

しかし、タイムトラベルものは、読んでると何か頭がこんがらがるのです…。こんな私の頭では、SFが苦手なのもむべなるかな??

結局、この第三巻ではタイムトラベルの顛末は語られることなく、それは次の巻に続くよう。そして、この本の中で気になるのは、ジタンとセの行く末! 呪文のパンのないセに、静かに意識を手放したジタン。ああ、彼らはどうなってしまうのだ?

目次
第一部 雪の神
第二部 時の旅


臙脂色の文字の部分は、本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。

☆関連過去記事☆
ダヤン、わちふぃーるどへ 」、「ダヤンとジタン
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/219-e6038d45
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。