スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「夏への扉」/扉の外には…

 2007-07-08-21:32
夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))
(1979/05)
ロバート・A・ハインライン福島 正実

商品詳細を見る
図書館のリサイクルコーナーから拝借してまいりました。

自分の中で、このタイトルは古典的SFとしてインプットされていたので、へっぴり腰で読み始めたのだけれど、SF的出来事が描かれるとはいえ、そんな風に怖がる必要もなく(バリバリのハードSFは苦手なんです…)、楽しく読むことが出来ました。

 The Door into Summer.

実に印象深いこの「夏への扉」というタイトル。それは、主人公ダニイの猫、ペトロニウス(ピート)の性癖に由来している。

忌々しい冬が来ると、ピートはダニイに家中の扉をあけるように迫る。たくさんある扉の内、どれか一つは夏へと通じているはずなのだ。何度同じことを繰り返し、それが失望に終わったとしても、ピートは夏へと続く扉を探すことを止めなかった。

そして、この1970年12月の3日。ピートの飼い主であるダニイもまた、夏への扉を探していた…。自らが立ち上げた会社を乗っ取られ、発明は取り上げられ、旧友にも婚約者にも裏切られたダニイは、人生の冬を迎えていたのだ。自棄になったダニイは、冷凍睡眠(コールドスリープ)に入って、この現実をやり過ごそうと考えるのだが…。

技術一辺倒のダニイとは異なり、経営を任されていた旧友マイルズ、秘書兼オフィスマネージャーであった元婚約者のベルは、遙かに強かであった。とうとう、ダニイはベルによって、直前に取り止めようとしていた、30年にも及ぶ冷凍睡眠(コールドスリープ)へと押し込まれてしまうのであるが…。

窮地に陥りっぱなしだった、ダニイの反撃には胸がすく。

30歳になるダニイだけれど、何よりも発明を愛する技術者だからか、年齢から考えるよりは、ちょっと子供っぽいところもある。であるからか、ちょっと変形の青春物語にも読めちゃうんだよね(30歳の青春小説って、ちょっと薹が立ってるかもしれないけど)。

ダニイの夏への扉は、希望へと繋がっていた。手酷い裏切りにあったダニイだったけれど、人間を信じることを止めず、復讐に血道をあげることもなく、最初に読者の前に現れた時の腐った感じから、瑞々しく生き返ったよう。ま、最初は信じていた二人に手酷く裏切られたせいで、ちょっとおかしくなっていたのだけれどね。このなんだか瑞々しいところにも、やっぱり「青春」を感じるのだ。

相棒のピートも素敵! でも、ジンジャーエールを舐める猫なんて、ほんとにいるのかしらん。ジンジャーエールを飲む猫がいたら、それはどこかの扉を開けてやって来たピートなのかもしれないね。

2000年を迎えても、ダニイが発明したような機械は未だ現れてはいないけれど、そのネーミングも含めて、彼の発明した機械は魅力的。実際にあったら、私も欲しいよう。笑 にしても、彼の機械の重要なパーツの一つである、"トーゼン記憶(メモリー)チューブ”って、原語ではどうなっているのでしょうか…。やはり、これって、日本製品なのか?(この頃のメイド・イン・ジャパンは、どういうイメージだったんだろう。安かろう悪かろうからは、脱却してる?)

古い作品で、今では”未来”として描かれた時代さえ追い越してしまったけれど、全く古さを感じさせることなく、今でもキラキラと輝いているような物語。楽しかった!
コメント
こんばんは。
TBありがとうございます。
瑞々しくて青春を感じられる作品でしたね。
現実や卑怯な裏切りをひっくり返していくダン。
復讐劇ですけど、気持ちよかったです。
【2008/09/24 00:15】 | 藍色 #- | [edit]
藍色さん、こんばんはー。
トラバ返し、ありがとうございます♪

ほんと、爽快なお話でしたよねえ。
表紙もいいですよね。
猫のピートも可愛かったです。
【2008/09/26 23:26】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/216-96af46bb
  • 夏への扉 ロバート・A・ハインライン【粋な提案】
    夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))(1979/05)ロバート・A・ハインライン福島 正実商品詳細を見る カバー絵・中西信行。再読。SFのオールタイムベス...
【2008/09/24 00:15】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。