スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「くらのかみ」/後ろの正面だあれ?

 2007-08-08-23:28
くらのかみ (ミステリーランド)くらのかみ (ミステリーランド)
(2003/07/30)
小野 不由美

商品詳細を見る
どこか懐かしい表紙が印象深い、小野不由美さんの本です。タイトルは「くらのかみ」なんだけれど、講談社のミステリーランド・シリーズから出ている本書、表紙には「zashikiwarashi」と小さく書いてある。というわけで、勿論この「zashikiwarashi」も重要なキーとなる。表紙も美しいのだけれど、更に本の作りもとても丁寧で、ページの隅も角ではなく丸く落とされている、ちょっと珍しいつくり。

表紙を見て懐かしいな~と思い、とっさに佐藤さとるさんの「おばあさんの飛行機」を思い出したのだけれど、それもそのはず、この表紙は絵本「おばあさんの飛行機」を描いた村上勉さんが描かれていたのですね。おばあさんの美しい編み物のイメージ、この絵本、好きだったなぁ。

さて、本の内容に戻ると、こちらもどこか懐かしいイメージを喚起する。小野さんには、田舎シリーズ的なものがあるのかなぁ? 舞台は、「過ぎる十七の春 」のような田舎なのです。
ただし、こちらの主な登場人物の年齢はぐっと下がる。
耕介、真由、音弥、禅、梨花。最年長の梨花は中学一年生だけれど、ほとんどは小学生の彼ら。彼らはこの夏休み、ある事情があって本家のふるい大きな家に集まった。

夏休み、親せきの子供たちと過ごす日々といえば、肝試しや探検など、やることには事欠かない。実際、彼らの周りでは不思議な出来事が起こり、また本家の跡継ぎ問題を絡めて、彼らの親にも危険が迫る。にわか探偵となった子供たちは謎に迫るのだが?

子供のころ、田舎に遊びに行って、特に何もないのに親戚の子供たちと、ほけほけと遊んだ、そんな日々を思い出す物語でした。一度しか行ったことのない親戚のふるーい家なども、子供の頃の私にとっては忍者屋敷のようで不思議だったな~。

懐かしの村上さんの絵も(わたし、どこをどう勘違いしたのだか、この絵=佐藤さとるさんで覚えていたのだけれど)、随所に挿入されて、これまた懐かしさが嬉しかったです。うーん、ノスタルジー。

目次
1 死人あそび
2 座敷童子
3 毒
4 バケツリレー
5 行者沼
6 探偵たち
7 お葬式
8 ひみつの屋根裏
9 地蔵担ぎ
10 幽霊じゃない犯人
11 井戸で待つ
12 裏切り
13 誰も犯人じゃない
14 犯人
15 若干の仲間と多少の協力


講談社のミステリーランドって、あまり知らなかったんだけれど、気合入ったシリーズだったのですね。「かつて子どもだったあなたと少年少女のための―”ミステリーランド”「本」の復権を願い、第?期刊行開始」との煽り文句付きで、巻末に紹介されておりました。小野さんのこの本は、確かに「かつて子どもだった」私のための本でもありました。

佐藤 さとる, 村上 勉

おばあさんの飛行機 (日本の童話名作選シリーズ)

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/201-8732e444
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。