スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「上と外」/夏だ!冒険だ!

 2007-08-14-23:25


恩田 陸
上と外〈1〉素晴らしき休日 (幻冬舎文庫)
上と外〈2〉緑の底 (幻冬舎文庫)
上と外〈3〉神々と死者の迷宮(上) (幻冬舎文庫)
上と外〈4〉神々と死者の迷宮(下) (幻冬舎文庫)
上と外〈5〉楔が抜ける時 (幻冬舎文庫)
上と外〈6〉みんなの国 (幻冬舎文庫)

テイストは全然違うけれど、天童荒太さんの「家族狩り」のような、一か月一冊刊行形式で全六冊(ま、あっちは単行本から改訂しながらの文庫化でしたが)。とはいえ、内容も「夏だ!冒険だ!」だし、一冊一冊は結構薄いので、さくさくと読めてしまいます。これ、一か月に一冊しか読めなかったら、そのライブ感は堪えられないものかもしれないけど、先を知りたくてちょっと辛かっただろうなぁ。

主人公は楢崎練。離婚した母と、母と暮らす妹の千華子と共に、家族旅行をするのは、彼ら一家の長年の行事。父はまた、自由な研究者であるがため、錬は父とも離れ、工場を営む祖父や叔父一家の元で暮らしていた。

さて、楢崎一家がこの夏の旅行に選んだのは、父がいる南米G国。母、千鶴子は何か思惑を抱えているようではあるが、彼らはG国の遺跡を見るのを楽しみにしていた。ところが、あろうことかG国ではクーデターが発生し、練と千華子は運悪くヘリコプターからジャングルへと投げ出されてしまう。一方、賢と千鶴子の親たちは、そのまま人質となり、ジャングルから町へと移動させられる。

ジャングルからの生還を目指す、練と千華子兄妹。彼ら子供の無事を願い、なんとか助けに行こうとする、賢と千鶴子の両親。「夏だ!冒険だ!」なので、ウエイトは兄妹の生還に割かれ、賢や千鶴子の事情もさらりと流しがちだけれど、それなりに書き込まれています。

なかなかこうはうまくはいかないだろー、とは思うのだけれど、ロッククライミングが趣味であるという練、体操をしている千華子。身体的能力、および知力(特に祖父から練に与えられた「考える力」)に優れた彼らは、ジャングルで生き延び、更にランドマークとなる遺跡に向かって歩を進める。

そして、彼ら兄妹が出会った、更なる試練…。ちょっとジクリイト・ホイクの「月の狩人―アマゾンでみたわたしだけの夢 」を思い出した。それは証明であるからして、原始的な世界で、男の子が一人前になるのはとっても大変。

祖父や賢、練の従兄弟の邦夫など、楢崎家の男性陣がとても魅力的。更にパワーアップした感のある、母千鶴子も含め、彼らのその後も知りたいなぁ。

一か月一冊刊行なので、扉の恩田さんのコメントが面白かった。「苦節一年。本を一冊作るのにはとてもたくさんの人手がかかっている。今回強く実感した。」とか、第五巻はとうとう刊行遅延してしまったとか、当初予告した全五巻で終わらなかったとか。最初にも書いたけれど、どんなに先が知りたくてやきもきしようとも、お祭り的にこのライブ感を楽しむのも、こういう刊行形式特有のまた一つの読書の楽しみだよね。

図書館に6冊揃って置いてあるのを横目で見つつ、借りられる限界の10冊中6冊をこれで使っちゃうのはなぁ、といつも見ないふりをしていたのですが、「にゃの備忘録 」のねこ姫さんが面白いと仰ってたので、勢いをつけて借りてみました。
ちょうど、旅行中の週で、あまり本を読めないだろう期間にぶつけたのです。厚かろうが薄かろうが、一冊は一冊なんだよねえ。ちょっと納得いかない気も(でも、グラム数とかもいや?)。

■ねこ姫さんの「上と外」記事はこちら
→「上と外 1-2巻 」、「上と外 3-4巻 」、「上と外 5-6巻

理屈抜きに面白いかったから、ま、いっか(笑)
きっと、細かいことは考えないで勢いで楽しんだ者勝ちな冒険物語ですね、これは
」というねこ姫さんの意見に、全く同感でありますよ~。??

更に、「みすじゃん。」のおんもらきさんの記事にリンク → 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/197-6733ffc7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。