スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ペルシアの四つの物語」/美しい細密画付きのペルシア文学ハイライト!

 2007-08-17-23:05

岡田 恵美子

ペルシアの四つの物語

目次
王書―サームの子ザールの誕生   フェルドウスィー
ホスローとシーリーン          二ザーミー
ライラとマジュヌーン           ニザーミー
七王妃物語                ニザーミー
解説


構成上第三部に分かれるという「王書」から取り上げられるのは、英雄伝説時代を描いたという第二部から「サームの子ザールの誕生」。サームの子、ザールは、頬は陽とまがう類稀なる美しさなのに、不吉にも生まれた時から髪は真っ白。不幸を恐れたサームにより、捨てられたザールは、霊鳥スィーモルグに育てられる。なんかね、この辺は、色なしの膚を持つ捨て子ファラー(@古川日出男「アラビアの夜の種族 」)を思い出しました。アラビアとペルシアは厳密には違うのだろうけれど、古川さんはこの辺も参考にされたのかな、なんて。

印象深かったのは、「ライラとマジュヌーン」。「マジュヌーン」とは、「狂人」を意味する言葉。ライラを恋するあまり、狂人となってしまった、一人の男。もともと、実は思い合っていた二人は、幸せになれたはずなのに…。恋の純度が高すぎたために、男は狂気の淵を軽々と飛び越えてしまう。それともそれは逆なのかな。本来、恋の障害はなかったはずなのに、恋の純度、密度を高めるためか、男は狂人となってその恋に自ら大きな障害を作ってしまう。

本当はもっと長い物語の、ハイライトのみを紹介するような形の本なので、詳しい方には物足りないかもしれないのだけれど、私のようなペルシア文学入門者にはちょうど良い本でした。美しい「ミニアチュア」もふんだんに載せられているしね。

ミニアチュアの語源は、Minium 鉛丹(四酸化三鉛)であり、初期には中国の影響である鳳凰や雲が画面を埋めていたのだけれど、次第に空間をビッシリと紋様で埋める独自の画法が定着したとのこと。ササン朝ペルシアから唐草文様が伝わったと、むかーしむかし、小学校の教科書で読んだ気がするけど、ここで載せられているミニアチュアも、所謂中東的という感じではなく、何も言われなければ、中国のものと信じてしまうような画風。シルクロードってことなのかしらん。そして、イスラム教ではなく、ゾロアスター教を信仰していたのも、関係しているのかなぁ。

少し前に読んだ「柘榴のスープ 」など、ちょっとイラン(ペルシア)に興味がわいている今日この頃。ペルシアの名だたる物語のハイライトを読んだだけだけれど、やっぱりペルシアは物語る民族なんじゃないかなぁ、と感じました。しかも、口承文学な気配が漂って、何だか物語に酔える感じ。もうちょっと周辺を読んでみようと思います。ペルシアは美しいな。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/195-2f430d12
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。