スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「フロイトの弟子と旅する長椅子」/フロイトの弟子にして、ドン・キホーテ、莫(モー)がゆく

 2007-09-04-22:51
フロイトの弟子と旅する長椅子 (BOOK PLANET)フロイトの弟子と旅する長椅子 (BOOK PLANET)
(2007/05)
ダイ・シージエ

商品詳細を見る
中国の古典文学を専攻する学生だった、二十歳の若き莫(モー)は、そこでフロイトの『夢診断』と出会ってしまった。現人神と出会った至福の中で、莫は学生寮の多段ベッドの中、声をあげて読み、読んで読んで読みまくり、学友たちにフロイトモーとのあだ名を進呈された。

その時から、フロイトの忠実なる弟子となった莫は、難関を突破してパリへの留学を果たし(とはいえ、それはフランス政府国費留学生として、タクラ=マカン砂漠の砂に埋もれたシルクロード文明のアルファベットを用いた言語について、博士論文を書き上げるためであった)、知り合いのつてを辿って、ラカン派の精神分析医ニヴァ氏のもとへと通い続けた。こうして、中国人初の精神分析医が誕生したが、当初、フランス語を解さなかった莫の告白は、中国語の四川省の方言でなされ、フランス人のニヴァ氏は当然一言も意味を解さず、時にそれは喜劇に転じた…。

故国に戻った莫は、学生時代より憧れの君、胡火山(火偏に山:フーツアン)を救い出すために、賄賂となる一万ドルを手に狄判事(ディー判事)の元を訪れる。胡火山は、中国警察による拷問の場面を隠し撮りして、ヨーロッパのプレスに売ったために、成都の女子刑務所に入れられ、裁判を待つ身となっていたのだ。

ところが、かつてのエリート射撃手であり、犯罪者を裁く閻魔王との異名を持つ狄判事は、既に金は十分に持っており、胡火山の自由との引き換えに欲しいのは、まだ赤いメロンを割っていない「処女」なのだという。莫は、胡火山を救う「処女」を求め、夢分析を武器に、中国南西部の広大な土地を旅することになる。時に、「夢分析」の旗を立てた父親の古い自転車を駆り、時に電車の中で大事なデルセーの鞄を盗まれながら…。皮肉なことに、胡火山に絶対にして唯一の愛を捧げる莫自身は、友人たちの気遣いも虚しく、四十歳にして未だ女性を知らないのであるけれど。

バルザックと小さな中国のお針子 」と異なり、決して読み易い物語とは言えません。夢分析の話(というか、これは既に「分析」ではなく、「占い」だったりもするのだけれど)、現在の話、過去の話、莫の心理状況が、特に断りもなく入り乱れ、時系列だってかなりランダム。どこか茫洋とした趣のある主人公である莫と同様、このお話自体も、好きな時に好きなように飛躍する雑然としたところ、のびのびした奔放なところを併せ持つ。

慣れるまではちょっと面食らったのだけれど、これはそうやって、あっちこっちに寄り道する莫に付き合って、ゆっくり読み進めるのがいいみたい。これが、まさに「旅する」長椅子(長椅子は精神分析の重要アイテム)たる所以なのかもしれません。

そして、「バルザックと小さな中国のお針子」と同様、作者ダイ・シージエは、モテない、でも真剣な、そして傍から見るとちょっと面白い男性を描くのが非常に巧い。独特のユーモアは健在だし、特に変わった言葉や単語、変わった表現を使っているわけではないのに、世界が何だか瑞々しいのも、「バルザック~」と同様です(「防腐処理人」なんかは、かなり変わった単語だけれど、それって瑞々しさとは本来は無縁なはずだよねえ)。危機にあってなお、何となく脱力しているようなところもね。

騙されても、失望しても、莫は決して希望を捨てず、諦めることをしない。酷い目にも色々遭うんだけど、人間の伸びやかな強さ、希望を感じる。また、脇を固める人々も、伸びやかというか、実に楽天的というか。勿論、中国を舞台にしたこの物語。莫たちは、みな、文化大革命の洗礼を受けている。莫の幼馴染である「市長の娘婿」は、刑務所に入れられ、無期刑に課せられているけれど、昼間は刑務所の二軒の食堂の支配人として差配をする。夜は無期刑囚の房に戻って寝るけれど、昼間の彼は自由だ。莫のご近所さんである「防腐処理人」は、新婚初夜に夫に飛び降り自殺された過去を持つ。

けれど、彼らはあくまで、強くしたたかで明るい。電車の中で、大事な鞄を盗まれた莫も、「ここが、わが偉大なる祖国だってことを忘れたのか」と、それまでの憤慨を忘れて吹き出すのだけれど、これこそが、中国の大きさ、中国の強さなのかもしれない(あちこちで描かれる、ありとあらゆるものが落ちている床の存在には、恐れ慄いてしまうけれど)。

さて、「訳者あとがき」
によると、ダイ・シージエは2007年1月に、フランス語による小説作品『月が昇らなかった夜に』を発表し、これには主人公の学友として「バルザック~」の馬(マー)が再登場するのだとか。フロイト~」とは全く異なり、コミカルな要素が一切排されているそうですが、日本でも早く出版されないかしらん。

目次
第一部 騎士道精神がたどる道
 一 フロイトの弟子
 二 防腐処理人にふりかかった婚前の悲劇
 三 麻雀の対局
 四 飛行機の模型
 五 うしろ盾
 六 長椅子の遠征
 七 女中市場のサッチャー夫人
第二部 明けない夜
 一 夜のライトバン
 二 午前二時
 三 <光>団地
 四 餃子が煮えた
第三部 小路(シャオルー)
 一 その歯を飲みこむな
 二 龍頭
 三 飛行靴下
 四 老観測人
 五 海参
 六 鶯
訳者あとがき
コメント
つなさん、こんにちはー。
読みましたよ!
ほんと「バルザックと小さな中国のお針子 」とは
読みやすさが全然違いますねー。びっくりしました。
途中からどんどん面白くなったし、いざ読み終わってみれば
ああ、やっぱり同じ世界だったんだなーなんて思ったのですが。
ほんと瑞々しいですね。何もかもが。
何なんでしょう、この瑞々しさは…
「瑞々しい」なんて言葉とは縁のないはずの物もいっぱいなのに。
すごく不思議です。
でも素敵ですね。^^
【2009/03/28 07:42】 | 四季 #Mo0CQuQg | [edit]
四季さん、こんばんはー。
読まれましたねーーー!笑

やっぱり、「バルザック~」とは読みやすさが全然違いますよね。
途中、おいおいどこに連れてってくれるんだ…、とちょっと不安だったんですが、やっぱりついていって良かったです。笑
ほんと、なんでこんなに瑞々しいんでしょう。
瑞々しくないもので溢れているというのに!笑
ダイ・シージエの作品って、なんか寓話的でもありますよね。

あ、そうそう、ここで「ベルヴィル・ランデブー」の話をば。
フランスでベルヴィルっていうから、てっきりあのベルヴィルだと思ってたんですが、amazonで見たら「海を越えて摩天楼そびえ立つ巨大都市“ベルヴィル”に」って書いてありました。
四季さんがにらんだとおり、やっぱり実在の都市とは違うようですねえ。
ああ、勘違い。汗
【2009/03/30 22:03】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/183-1b9c3384
【2009/03/28 07:36】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。