スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「 コンビニたそがれ堂―街かどの魔法の時間 」/探しものはなんですか?

 2007-09-22-22:59

村山 早紀, 名倉 靖博
コンビニたそがれ堂―街かどの魔法の時間 (ポプラの木かげ)

カフェ・かもめ亭 」と同じ風早の街には、探し物があるものだけに開かれているコンビニがあるらしい。赤い鳥居がたくさんあるあたりに、もしもコンビニの灯りがぽっかりと光っていたら…。そこには、長い銀色の髪に金の眼の若者がおり、ぐつぐつ煮えているおでんと、つくりたてのお稲荷さんのあまいにおいが漂っているのだという。

たそがれ堂が受け入れるのは、人間だけではない。時には飼い主のことを強く想う猫だってやって来る。カフェ・かもめ亭と違って、いつでも誰でも入れるお店ではないけれど、さすが風早の街。やっぱり、このお店もとても素敵。

もくじ
コンビニたそがれ堂
手をつないで
桜の声
あんず
あるテレビの物語
エンディング~たそがれ堂
 あとがき


私が好きだったのは、「桜の声」と「あんず」。
ラジオ風早のアナウンサーであり、『ティータイムをあなたと』を担当するさくら子の元に届くようになった手紙。両親の待つ田舎に帰りもせず、ひとり、この風早の街に居続ける自分。自分の声はどこに届いているのか。自信をなくしていたさくら子だったけれど…。ケツメイシの「さくら」がキーワード。確かに、「ケツメイシノサクラ」ってちょっと呪文っぽくもあるよね。

拾ってくれた「おにいちゃん」のことを強く想う猫のあんず。自らの死期を悟ったあんずは、たそがれ堂に辿り着く。彼女が求めたものは…。助けたものと助けられたもの。でも、そのどちらもが、どちらの「助け」にもなっていたのだ。

これは、挿絵を名倉靖博さんという、アニメ界の方が担当されているのだけれど、そのせいか読みながらも、何となく登場人物たちが頭の中でアニメのように動いてました。この設定だったら、実際に連作としてアニメ化も出来ちゃいそう。ほのぼのと優しい物語に、心が癒されそうです。ちょっと甘口だけれど、偶にはこんなお話もいい。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/169-01575f02
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。