スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「謝々!チャイニーズ」/中国、そのナマの手触り

 2007-10-12-22:33
星野 博美
謝々!チャイニーズ―中国・華南、真夏のトラベリング・バス
情報センター出版局

米原万理さんの「打ちのめされるようなすごい本 」で、気になった本です。
←画像処理の関係か、こっちのが色鮮やかですなぁ。

この度、ちょうど文庫化もされたようですね♪
(しかし、最近の文庫は高いっすね…。810円だって。写真がいっぱいなのかなぁ)

副題にも、「中国・華南、真夏のトラベリング・バス」とあるように、語られるのは、著者星野さんの、中国は華南地方の旅のお話。

目次
 はじめに
第一章 東興(トンシン)
第二章 北海(ベイハイ)から湛江(ジャンジャン)へ
第三章 広州(グワンチョウ)
第四章 厦門(アモイ)
第五章 諸聡F島(メイチョウダオ)
第六章 平潭(ピンタン)
第七章 長楽(チャンルオ)
第八章 寧波(ニンポー)
終章 東京
 おわりに


著者は言う、日本で生きている時、自分に見えるのはシステムである。ところが、中国では人が見える。だから、いつまでたっても出発しないバスも、運転手の子供がバスの中で宿題をするのが日課であろうと、それを微笑ましく思ったり、仕方ないな、と思ったりはすれど、決して怒りは湧いてこないのだとか。

資本主義に飲み込まれながら、しかし、国外へ出る=密航となってしまう、アンバランスな自由を持つようになった中国の人々。お金に対する執着の凄まじさや、自分だけが損をすることに敏感だったりなど(勿論、この本の中には、そうではない人も稀に登場するけれど)、そこだけを見ると、何と言うか、浅ましいというか、はしたなくも感じるのだけれど、確かにこの貧富の格差、手の届きそうな所に、豊かな生活が見える状況では仕方のないことなのかも。また、そういう点をひっくるめて、中国の人々の旺盛な生命力を、著者は非常に愛しているのだけれど。

あくまで自分の力で生き、自分の頭で考えることを捨てないのだとしたら、日本の過ごし易い、ある程度完成された様々なシステムは、むしろ邪魔になるものなのかもしれない。生きているという実感を得るために、必要なものはそれぞれ違うのだろうけれど、星野さんには、こういう旅や出会いが必要なんだろうなぁ。

そういえば、ドラマも始まった安野モヨコさんの「働きマン」も、「仕事したって思って死にたい」松方弘子が主人公だけれど、何もそこまで極端に走らなくても、と思っても、その仕事にかける情熱が、きっとそのまま「生きているという実感」なんだよね。

たとえば、大学を出るくらいまでは、何となくコースに乗っていけば、人生はそのまま進んで行くわけだけれど、二十歳そこそこまでに得たものだけで生きていけるほど、人生は短くも平坦でもない。仕事にプライベートに、というバランスの良い生き方もあるけれど、こういう生き方もあるし、突き詰めている潔さがある。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/152-1039573a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。