スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ローマ人の物語1・ローマは一日にして成らず[上]」/民族というもの、国家というもの

 2007-10-13-23:31
塩野 七生
ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫

ずーっと前から、借りているのだけれど、全然手を付けられていなかったシリーズです。今週は図書館本にちょっと余裕があったので、ようやく手付け。でも、これ、私が借りてるのだけでも、23巻まであるんですよねえ。うーん、シリーズ全体を読了出来るのは、いったいいつの日か?

新潮文庫なのに艶のある表紙(私の中では、集英社、文春、講談社、中公文庫あたりは艶のある表紙なんだけど、新潮は艶のないイメージ。合ってる??)、一冊一冊がやたらと薄いところ、なぜかなーと思っていたのですが、巻頭の「『ローマ人の物語』の文庫刊行に際しての、著者から読者にあてた長い手紙」を読んで、ようやく謎が解けました。

文庫化に際し、著者、塩野さんは、文庫の源泉(本を家の外に出そうとした、アルド式の文庫、「タスカービレ」)に立ち戻ろうとしたとのこと。さらに史観で分けた単行本版を、そのまま文庫化すると、分厚くて「持ち運びが容易」という文庫の利点から外れてしまう。単行本を分冊した結果が、私が「薄い」と感じた原因だったみたい。えーと、私が薄い文庫を嫌うのは、移動時間の途中で読み終わっちゃったり、コストパフォーマンスが悪く感じるからなのですが、このシリーズに関しては、幸いにも(?)それは杞憂なようで、薄くとも時間の持ちは十分でした。

また、「本造りには、「グラツィア」(優美)を欠いてはならない」という、これまたアルドの言葉に習いつつ、また、時代を映すという意味で、文庫本の表紙には金貨と銀貨が使われているそう。ちなみに、1巻のこの銀貨は、古代ギリシアの都市国家アテネで、紀元前五二七年から四三〇年の間に鋳造され続けた、四ドラクマ銀貨。表面は女神アテネで、裏面はフクロウ。ぱっと見た限りでは、文庫の表紙は全部同じデザインだと思っていたのですが、こんなにいろいろ考えられているのだとは!

色々ひっくるめて、本に対する拘りが伝わってきて、私のこのシリーズに対する印象もぐっと良くなりました。

目次
『ローマ人の物語』の文庫刊行に際しての、著者から読者にあてた長い手紙
カバーの銀貨について
読者へ
序章
第一章 ローマ誕生
第二章 共和制ローマ
図版出典一覧


基本、自分は物語から逆に史実を引き付けて読む方なので、この辺の「物語」を知らないことは、ちょっと痛かったな~。「ペルシア戦役」(二章 共和制ローマ)などは、これって映画の「300」?(いや、見てないんですけど)と思いながら読んだし、「スパルタ」という都市の在り方は面白く読みましたが。

結局のところ、民族が政治体制を作り、政治体制がまた民族を作る。そして、それらが「国家」となっていく。確かにこうやって読み取って行くのは面白い~。うう、でも、周辺の「物語」をもっと補強したいところでありますよ。
■以前、読んだ塩野さんの本。
・「
三つの都の物語 」/あるヴェネツィアの貴族の生き方

これも気になる~。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/151-abdf2fe7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。