スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「最悪」/どん詰まりのまま突きぬけろ

 2007-10-16-22:00

奥田 英朗

最悪 (講談社文庫)


トンでも精神科医・伊良部シリーズ の奥田さん。
伊良部シリーズ以外も読んでみよう!、なわけであります。

ここで描かれるのは、きっと精神科医などには行かない(もしくは、行けない、行こうなどという考えすら浮かばない?)、でもそれぞれの状況で追い詰められた人々。

日々の生活に疲れ、金策に苦しみ、近隣住人に工場の騒音を突き上げられる、鉄工所の社長、川谷(とはいえ、従業員は妻を入れても3名)。パチンコの儲けで日々を暮らす内に、悪い仲間と知り合い、ヤクザから抜き差しならぬ状況に追い込まれる青年、和也。巻き込まれるのは、かもめ銀行に勤めるみどりと、その妹めぐみ姉妹。この上なく閉鎖的な職場である銀行で、支店長からセクハラを受けたみどり、優等生であるみどりとは対照的なめぐみは、彼女のルートで和也と知り合いになる。

それぞれに最悪な、人生どん詰まりの状況。

めぐみの提案により、和也はみどりの勤める銀行を襲い、銀行強盗が妹であることを知ったみどりは人質となることを志願する。たまたまカウンターに居た川谷もまた、なぜか彼らの逃避行に合流し…。

事態は呆れるほどに、ぐずぐずと最悪へと雪崩れ込む。

金属加工などの描写や銀行を襲う場面、それぞれの事情が事細かに語られる様には、高村薫の「黄金を抱いて飛べ」や、「李歐」あたりを思い出すのだけれど、あちらがねちねちと綿密に計画を進めるのに比べ、こちらはいかにも全てが行き当たりばったり。あと少しのタイミングが違っていたら、誰かがそこで手を差し伸べていたら、またそんなに追い詰めなかったなら、「最悪」な状況は避けられたはずなのだけれど…。

クライム・ノベルとしては、登場人物たちは如何にも気が弱すぎるし、計画性もほとんどなし。かといって、めためた具合では、戸梶圭太(とはいえ、「溺れる魚 」一冊しか読んでないけど)には負けている。

これは、この雪崩のような様を楽しむ小説なのかな。しかし、真面目に働いてきた川谷社長が可哀相でねえ。近隣住民との軋轢など、ほんとにやりきれませんな。お隣の太田さん(特に「分かりますか?」を連発するご主人)は、伊良部に診てもらって、やっつけられるといいと思うですよ…。あと、かもめ銀行も是非、伊良部にぶっ壊してもらいたい。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/148-6d1ab408
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。