スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「戒」/戒よ、どこまでも舞え

 2007-10-18-22:19

小山 歩


二〇〇二年、戒の墓が見つかった。帯沙半島は、この報せに沸き返る。なぜなら、戒とは、半島史に残る伝説の奇人であり、希代の嫌われ者であったから。実在を疑われた戒であったが、彼は確かに生きていたのだ。

体は人間、真っ赤な猿のような顔に、甲高い声できぃきぃ喋る、言うならば猿人間である戒は、猿のまねをした道化舞が異常にうまかったのだという。

そうして、そこから語られるのは、半島の先端にある沙南の小国、再の国の歴史、戒の人生。希代の嫌われ者であり、逆臣とされた戒の真実の姿とは一体どんなものだったのか? 読者は二〇〇二年から、一気に戦乱の古代帯沙半島へと連れ去られる。

再国の公子・明と三日違いで生まれた戒。名門である延家に生まれ、また母、晶夫人が公子の乳母となったことから、戒は公子とともに最高の教育を受けて育つ。戒は後の世に言われるような痴れ者ではなく、文武両道とも言うべき、神童の誉れ高い少年であった。時に戒の優秀さは、公子をも凌ぐものであったのだが…。

母、晶夫人は、わが子である戒が、公子・明に勝つこと、並び立つことを望まない。彼女の望みは、戒が明の影となって生きること。晶夫人は、公子・明の浅はかな行いから、凄絶な最期を遂げるが、その後に及んで、戒に一つの約束をさせる。この約束に縛られた戒は、武官としても文官としても、任官することがかなわない。また、戒の母、晶夫人が第二夫人であったこともあり、戒は強く望まれたにも関わらず、軍事を取り仕切ってきた延家の総領となることもしない。

そうして、戒はどうやって生きていくのか? 亡き晶夫人に縛られた戒は、常に公子・明の傍にあらねばあらず、旅と学問に生きる遊子に憧れつつも、公子・明を護り、楽しませる道化として生きることを決意する。

名門に生まれた貴族であるにも関わらず、いつしか戒はみなに馬鹿にされ、軽んじられる本物の道化者となる。彼の深遠なる目的を知る者は、ほんの僅か…。

さて、人は己の才を隠したまま、道化であり続けることに耐えられるのか? 己の目的を誰にも理解されないことに耐えられるのか? 戒は時にぶれ、時に倦む。そうして、時に大切な人を失っていく…。

類稀なる「舞舞い」であった戒であるけれど、当初、それは人を楽しませるための方便でしかなかった。しかし、彼の舞いは本来、そんなもので終わるものではなかった。踊りの神に愛された戒の舞は、人々を魅了する。

そうして、何者にもなることを選ばなかった、選べなかった戒は、最後に「舞舞い」となることを選ぶ。生きている者たちのために、死んでいった者たちのために、戒は全霊をかけて舞う。

 人にもなれず、猿にもなりきれず、
 延家も追われ、お山も遠く、
 せめて山に似た巣を作ろうと
 戒、戒、家がないから、小屋に住む

「あなたの舞は、決して小さくなんかないよ。無力じゃない。戒兄、あなたの舞にかかわったものが、あなたを誇っている。愛している」

ラストの戒の舞は圧巻ですよー。

目次
 序章 墓と伝説

第一部 小屋に住む戒
 一章 緑野の夢
 二章 鹿を狩る夢
 三章 旅をする戒
 四章 春の風、夏の雨
 五章 戒より始めよ
第二部 宮殿に住む戒
 一章 新居の戒
 二章 軍師と舞舞い
 三章 弟たち
 四章 楊の蒼王
 五章 猿の帰還

 終章 陵墓の戒


全体としては、酒見賢一さんの「後宮小説」 を彷彿とさせる、中華風味の架空歴史小説。酒見さんのような軽みはないんだけど、丹念に描かれる架空の国、「再」の国の歴史にはぐいぐいと引き込まれる。軽みでいえば、類稀なる「舞舞い」である戒の舞や、その他の芸能も魅力的。再の国の歴史自体は、結構骨太に語られているように思います。

ページを開けば、そこには所謂洋モノファンタジーではない、けれども豊かな想像力に支えられた、アジア的ファンタジーの世界が広がります。一冊しか出ていないのが如何にも惜しい!

「後宮小説」は、第一回ファンタジーノベル大賞受賞作でありますが、一方のこの作品もまた、ファンタジーノベル小説がらみ。第14回ファンタジーノベル大賞の優秀賞受賞作であります。
参考までに、新潮社の該当ページにリンク

このときの大賞は、西崎憲さんだったのですね。
ああ、西崎さん翻訳の『英国短篇小説の愉しみ』(全三巻)は、積みっぱなしでありますよ。汗

この本のことは、「みすじゃん 。」のおんもらきさんのところで知りました。

 ■おんもらきさんの記事はこちら

すっごい面白かったです! おんもらきさん、ありがとう~。

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。
コメント
数年ぶりに再読してみて、この物語のおもしろしを実感しました。
一生に、何度も読みたいと思い、思う、稀有な作品に出会えた喜び。
しかし、この作品、やっぱり今も埋もれています。
【2009/06/20 19:02】 | すの #- | [edit]
すのさん、こんばんは。
お返事が遅れてしまってすみません!

私もこれを読んだのは、もうだいぶ前になるんですね。
でも、読んだ時の興奮は覚えています。
面白かったですよね~。
「本屋大賞」とかも、今売れている本だけではなくって、こういう本も出して欲しいな、と思ってしまいます。
埋もれるには勿体ないですよね。
【2009/06/23 23:24】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/147-0ed2e61f
  • 「戒」小山歩【図書館で本を借りよう!~小説・物語~】
    「戒」小山歩(2002)☆☆☆☆☆ ※[913]、国内、小説、ファンタジー、物語、舞、日本ファンタジー文学大賞優秀賞 読め!読め!とにかく読め!この作品をこのまま埋もれさせてはいけない。消失させてはいけない。 図書館に走れ!本屋に走れ! やっと見つけたネ
【2009/06/20 18:59】
  • 「戒」(再読)小山歩【図書館で本を借りよう!~小説・物語~】
    「戒」(再読)小山歩(2002)☆☆☆☆☆[2009063] ※[913]、国内、小説、ファンタジー、物語、舞、日本ファンタジー文学大賞優秀賞 戒、戒、家がないから小屋に住む。戒、戒、家がないから小屋に住む・・・ ひとは一生のうちに何冊の本に出会い、その中でいったい何...
【2009/06/20 19:00】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。