スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ダーティ・ワーク」/連作短編

 2007-10-30-22:18

絲山 秋子

ダーティ・ワーク


絲山秋子さん、初読みです。

もっとね、バリバリに乾いた感じを想像していたら、おっと、意外とソフトなんじゃないの、と。別に物凄く肩肘張っているわけでもなく、肩の力だって適度に抜けて、ほんのりウェット。でもって、これ、ただの短編ではなく、ゆるい繋がりのある連作短編なの。技巧的にもなかなかのもの、なんじゃないでしょうか。

目次
worried about you
sympathy for the devil
moonlight mile
before they make me run
miss you
back to zero
beast of burden


登場人物たちがゆるく繋がっている連作なんだけど、キーになるのは、ギタリストの熊井望と、中学生の時の同級生であるTTという二人の男女。彼らがバンドを組んでいたためか、タイトルは、きっとローリングストーンズの曲名とも関係あるんだよね。

    ←だし。
  ザ・ローリング・ストーンズ
  ダーティ・ワーク

特にドラマがあるわけでもない日常の中で(死にかけてる重病人も出てくるけど)、何となく大人になっていった人間たちのお話。後悔することもそれなりにあって、それでも、どこかに希望もあって…。

色々な人の視点から語られるので、「真実」が決して一つではないこと、最大公約数としての「事実」があることが、くっきり見える。で、それぞれに思い合ったり、思いやったりしながら、生きているのだよね。私が特に好きだったのは、輸入車の広報をしている貴子と、彼女の兄嫁の麻子との温泉旅行を描いた「sympathy for the devil」。

普段はどっちかというと突っ張ってるのに、兄嫁の前では何となく甘えた妹になってしまう貴子と、余裕のある大人の女である兄嫁の麻子の、二人の空気がいい感じ。
ドライブの車中での「牛遊び*」もいいなー。

 *「形容詞+牛」を言い合う遊び。
 例)楽しい牛、いかがわしい牛、悩ましい牛、おびただしい牛、小汚い牛、おどろおどろしい牛、
   輝かしい牛、せちがらい牛…。
 この遊びって、絲山さんオリジナルなのかしらん。世の中には、こういう遊びがあるの?
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/138-6622a4a1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。