スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「少年時代」上・下/魔法のボーイズ・ライフ

 2010-02-27-22:40
少年時代〈上〉 (ヴィレッジブックス)少年時代〈上〉 (ヴィレッジブックス)
(2005/07)
ロバート マキャモン

商品詳細を見る
少年時代〈下〉 (ヴィレッジブックス)少年時代〈下〉 (ヴィレッジブックス)
(2005/07)
ロバート マキャモン

商品詳細を見る
(↑読んだのは版元も違うハードカバーなんですが、表紙が素敵だったこちらを)

これは、すっごく良かったです。夢中になって読みました。あまりにもパーフェクトな少年時代!アメリカ南部の片田舎、黒人差別が残る小さな町、貧しい家庭、超人ではなくとも、子のためにも恥ずべき行いはすまいと勇気を振り絞る父。
第一部 春の薄闇
第二部 悪魔と天使の夏
第三部 燃える秋
第四部 冬の冷酷な真実
第五部 いまのゼファー
 謝辞
 訳者あとがき
縦糸となるのは、牛乳配達の最中、父と子が遭遇した殺人事件。底なしの湖に沈んでいった車の中の死体をめぐる謎。ワイヤーで首を絞められ、ひどい暴行の跡もあったその死体は、運転手を助けるために湖に飛び込んだ父を夜毎苛む。いっしょに来い、下の暗いところへ…。父の夢の中で死体はこう囁く。

横糸は、少年コーリーが一年間に出会う様々な出来事。父の失業、友の死、爆弾騒ぎなどなど。少年コーリーは成長していくのだが…。更に重要なキーワードは、冒頭の読者への語りにもある「魔法」という言葉。コーリーが暮らす町ゼファーを、彼は魔法の町だという。

あれは魔法の土地だった。
わたしの内には、あの素晴らしい魔法の王国で過ごした少年時代(ボーイズ・ライフ)の思い出がしまわれている。
わたしはおぼえている。
こうしたことをわたしはこれから語ってみたい。

なんてったって魔法ですからね、先に「訳者あとがき」を読まれませぬよう。あまりのパーフェクトっぷりや、少年たちが夏の始まりに空を飛ぶところなど、んんん?とも思うんだけど、それはやっぱりそういうことなんです。でも、あの空を飛ぶ描写は良かったなーーー!

読後すぐにあとがきを読んだ時には、うわ、騙された!、と思ったんだけど、一息おいてから読んでみたら、そんなにネタバレ的な書き方でもなかったんですよね。でも、世界に浸ってる時に読むと、ちょっとショックだったんだな、きっと。
とにかく、この魔法の時間を楽しむが一番!

読んでる時には、ちょっとランズデールの「ボトムズ」(感想)を思い出したんだけど、今、感想を読み直すと全然違うんですね。ボトムズには、魔法は働いていなさそうです。
コメント
こんにちは。
これは本当に素晴らしい小説、私も大好きです。
少年の日常を描いた部分と、ファンタジー的な部分と、
ミステリ要素が混然一体となっていて
「こんな小説読んだことない!」と興奮しました。
いろいろな面をもった奥の深い作品ですね。
【2010/02/28 10:50】 | 木曽のあばら屋 #GHYvW2h6 | [edit]
ご無沙汰しております。

この作品、自分もとても好きです!!
ジャンルの枠を超えて、
エンタメ的な面白さがありながら
深みのあるテーマも盛り込まれていて、
読み終えたときは結構色々な人に勧めて回ってました。

本を読みながら完全にその世界に入り込んでしまうという
まさに「魔法」にあふれた1冊だったように思います。
【2010/03/04 11:03】 | ANDRE #mQop/nM. | [edit]
>木曽のあばら屋さん
こんばんは~。
これ、いいですよねえ。
ほんと、日常、ファンタジー、ミステリーのブレンド具合がまた絶妙で!
私もやっぱり興奮しました。笑
何回読んでも楽しそうですよね♪


>ANDREさん
こちらこそ御無沙汰しております。
いつも読み逃げですみません…。

あ、やはりみなさん、もっと早い時期にこの本にお気付きだったんですね!
私はネット上の何かでオススメされていて、読んでみました。
回り回って、私のところにオススメがきたのかも?笑

ほんとうに「魔法」にあふれた一冊でしたね♪
良い読書でした。
【2010/03/04 23:16】 | つな@管理人 #- | [edit]
おおーこれは、、面白そうですねー。
【2010/03/22 11:58】 | ペトロニウス #- | [edit]
ペトロニウスさん、お久しぶりー!
うん、面白かったです。
読み始めると一気!なんですが、ペトロニウスさん、相変わらずお忙しそうですよねえ。汗

でも、読んで欲しい本といえば、ペトロニウスさんには、飛浩隆さんの「グラン・ヴァカンス」とか読んで欲しいです。
(って、既に読まれてたらすんません)
【2010/03/24 00:03】 | つな@管理人 #- | [edit]
ご無沙汰してます。
ホント、この作品は私がこれまで読んだ中でもTOP5に入る素晴らしい物語でしたね。
しかし、この著者のそのほかの作品はマッタクと言っていいほどダメでした。
偉大なる一発屋です。
【2010/03/29 01:14】 | nanika #- | [edit]
nanikaさん、こんばんはー。
こちらこそ御無沙汰しております。

あ、これ特異的に良いんですね!笑

でも、「遥か南へ」はそんなに嫌いじゃありませんでした。
ヘンな作品を書く人なんだろうなぁ、とは思いましたが…。
「魔女は夜ささやく」がわが図書館に置いてあるんですが、ちょっと怖くて借りてません。笑
(怖いとか思ってるあたり、私も”ダメ”な匂いを感じてるんだろうなぁ)
【2010/04/01 00:09】 | つな@管理人 #- | [edit]
「ブルー・ワールド」は面白いですよ。
【2010/04/01 22:25】 | jett #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1362-f4bcbbdc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。