スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ドラゴン・ティアーズ―龍涙」/IWGPⅨ

 2009-10-26-22:35
ドラゴン・ティアーズ──龍涙ドラゴン・ティアーズ──龍涙
(2009/08/07)
石田 衣良

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
茨城の奴隷工場から中国人少女が脱走した。250人の研修生の強制送還まで、タイムリミットは一週間。捜索を頼まれたマコトは、チャイナタウンの裏組織“東龍”に近づく。

目次
キャッチャー・オン・ザ・目白通り
家なき者のパレード
出会い系サンタクロース
ドラゴン・ティアーズ―龍涙
内容紹介にあるのは、表題作でもある「ドラゴン・ティアーズ―龍涙」のことですね。相変わらずのマコト、相変わらずのトラブル。春の風が官能的だ、というマコトの台詞ももう何度目なんだろう。もういい加減、似た様な話も多いし、一回りしているけど、それでも下に引用したようなマコトの台詞が好きなんだよね。

 なあ、おれは思うんだけど、自分の値打ちを決めるのは、結局自分だよな。人に発見されるのをぼんやり待つ人間は、最後には誰かさんのいいカモになる。それがジャングルみたいになった二十一世紀の高度消費社会のニッポンだ。
 自分の値札くらい自由につければいい。売れるか売れないかの問題じゃない。あんたも東京の女なら、ガッツのない男たちにそれくらいの度胸を見せてくれ。 (「キャッチャー・オン・ザ・目白通り」p11より引用)

 出会いなんて、だいたいは最低の場所に転がってるに決まっているのだ。
 みんな立派な場所ばかり探しすぎ。(「出会い系サンタクロース」p116より引用)

 おしゃれでハイセンスな高度消費社会では、ものを買うことはすでに経済学から倫理学の領域に問題点をシフト済みなのだ。
 百円ショップでカップ麺を買うとき、おれたちは胸に手をあて考えたほうがいい。
 この濃厚とんこつ味一杯に、誰の涙がどれくらい注がれているかをね。(「ドラゴン・ティアーズ」p162より引用)

前回もマコトの母さんの告白に、さすが母さん、パンチが効いてんなー、と思ったんだけど、またまた今回もかっこいいのです。伊達に一人でマコトを育ててないよねえ。そして、”マコトなんていくらこの街でちやほやされても、まだまだガキ”なのです。この後も、彼女は出てくるのかなぁ。”おふくろ”を除けば、IWGPの女性レギュラーって皆無に近いよね。マコトのためにも花を!、とこれまた毎回思っているような気もするのです。
コメント
はじめまして。
私もこの本、読んだばかりです。
マコトの周りの女性はなんで、マコトの魅力に気がつかないんだろう?ととっても不思議です。
【2009/11/01 16:18】 | 牛くんの母 #DXknpAqk | [edit]
牛くんの母さん、はじめまして。
はじめましてなのに、すっごい放置してしまってすみません…。

ほんとですよねえ、なんでマコトがもてないんだか不思議です。
でも、どんな女性が似合うのかしら。
初期に比べ、最近では女性の影すらないような気がします。笑
【2009/12/05 23:15】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1336-7b09faf2
【2009/11/01 16:19】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。