スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ジーン・ワルツ」/産婦人科医療の逆襲

 2009-10-12-11:47
ジーン・ワルツジーン・ワルツ
(2008/03)
海堂 尊

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
桜宮市・東城大学医学部を卒業、東京・帝華大学に入局した32歳の美貌の産婦人科医、曾根崎理恵―人呼んで冷徹な魔女(クール・ウィッチ)。顕微鏡下人工授精のエキスパートである彼女のもとに、事情を抱えた五人の妊婦がおとずれる。一方、先輩の清川医師は理恵が代理母出産に手を染めたとの噂を聞きつけ、真相を追うが…。

「ひかりの剣」(感想)にて、速水のライバルだった、帝華大学の清川が准教授となって登場です。海堂さんはこういう描き方がお好きなのかなぁ、と思うんだけれど、奇数章は帝華大学を、偶数章は同じ時期のマリアクリニックを舞台としています。

今回のテーマは、ずばり生殖。しかし、ここにある記述を読むほどに、妊娠・出産ってすごいことなんだなぁ、と思います。お産で死ぬ人は少なくなったとはいえ、百パーセント安全だとは限らない。希望の光であるお産から、闇に突き落とされる時、確かにそこにいる医師に責めを負わせたくなってしまうのかも。

「ひかりの剣」では飄々としていた清川が、一転、クール・ウィッチ(しかし、海堂さんはコードネーム好きだな)、曽根崎理恵に翻弄されてます。この理恵の性格にはかなり無理があるような気がするんだけど、まぁ、それでも読まされてしまうんだなぁ。

もし今後、「医学のたまご」を読む予定がある方は、「ジーン・ワルツ」の前に「医学のたまご」を読んでおくことをオススメいたします。広がっていく海堂ワールド。セント・マリア・クリニックのその後も知りたいなぁ。
【メモ】

三枝院長は首を傾げる。
東京の医家の名門、城崎家の美人姉妹の一人として、世の男性の心を奪った深窓の令嬢の若かりし頃の美貌が蘇る。 p113から引用

うわ、ここも繋がってるよ! 城崎だってー。
目次
序章 遺伝子のワルツ
一章 減数分裂
二章 受胎告知
三章 エンブリオ
四章 心音覚知
五章 托卵の技術
六章 双角の魔女
七章 借り腹の論理
八章 妊娠の現実と蹉跌
九章 魔女VS.アルマジロ
十章 啓示
十一章 出産の奇跡
十二章 悲母観音
十三章 メディア・スター
最終章 セント・マリアクリニック
コメント
さてと、新たな更新はされているかなと。

どれどれ....

おいっ!!!v-217
【2009/10/18 15:21】 | ブライト #- | [edit]
>ブライトtakam16さま
いやー、最近、fc2に広告載せられちゃうかなー、とドキドキしますね・・・。
喝入れ、ありがとうございます。笑
【2009/10/26 21:55】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1334-a0e84ea2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。