スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

シリーズもののその後など

 2009-09-26-01:03
■加納朋子さん■

「魔法飛行」(感想)→「ななつのこ」→「スペース」を読みました。
(順番としては、2→1→3)
結論としては、私はこの順番で読んで良かったのかも!
デビュー作「ななつのこ」は、そこに含まれる設定のせいもあって、思っていたよりも陰が濃いように思いました。「魔法飛行」の事件も完全に明るいばっかりじゃないけど、「ななつのこ」から読んでいたら、私はその先には進まなかったかも。

で、三部作ラストの「スペース」です。
スペース (創元推理文庫)スペース (創元推理文庫)
(2009/05/05)
加納 朋子

商品詳細を見る

「スペース」では、この駒子三部作が繋がりつつも、また違った角度からの風景が見えてきます。「魔法飛行」でもながーい手紙が物語を牽引していましたが、「スペース」でもまた手紙が登場します。ちゃんと謎が隠されているんですが、こういう女の子のどうでもいいトークがちょっと辛かったです。あと、登場人物の名前をきっちり覚えていない自分には、話がちょっとややこしかった…。まー、見事に円環が繋がるんだけど、やや技巧に走り過ぎ? 設定にそりゃないよ、と突っ込んでしまいました。…なんだけど、なんだけど! これは駒子視点の「スペース」と誰かさん視点の「バック・スペース」の二本立てになっているんですが、「バック・スペース」でそうきたか!とのけぞりました。加納さん、すげーーっす。

ただ、私の中では、ほわほわとどこへでも飛んで行けそうだった、「魔法飛行」がベストかな。


■坂木司さん■

こちらも三部作。ひきこもり探偵、鳥井と作者と同名の坂木司の物語。「青空の卵」(感想)→「仔羊の巣」→「動物園の鳥」と、こちらは順番通りに読みました。

「青空の卵」ではその設定に度肝を抜かれたんだけど、そのインパクトを除くと、「仔羊の巣」、「動物園の鳥」は普通に良く出来た物語、という感じでした。

動物園の鳥 (創元推理文庫)動物園の鳥 (創元推理文庫)
(2006/10/11)
坂木 司

商品詳細を見る

ただし、「動物園の鳥」は、本シリーズの最終作。完結なんだから、やっぱりそこ描きますよね~、なわけです。決して嫌な描き方ではなかったんだけど、物語に対する驚き、インパクトという点では、最初に読んだ「青空の卵」が一番でした。

『永遠』はないかもしれないけど、『絶対』はあるのかもしれない。そうして、二人は大人になれたのでしょうか。

シリーズとは関係ないけど、坂木さん、こちらも読みました。
ワーキング・ホリデーワーキング・ホリデー
(2007/06)
坂木 司

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
元ヤン・ホストが宅配便(特別仕様車)ドライバーに転身!?血気さかんな若者と所帯じみた小学生、親子と仕事と仲間によるひと夏の贈り物。

かなり乱暴かつ若干雑にも感じたお話なんですが、TOKIOの長瀬くんあたりでドラマ化したら面白そうかも、と思いました。ちょうどね、読んでた頃に「マイボス・マイ・ヒーロー」の再放送がやってたんです。主人公の勢いに、長瀬くんの勢いが重なって見えました。
コメント
こんにちはー。お久しぶりです。体調は大丈夫ですか?
ずっと更新されていなかったので、心配しておりました。
そしたらたくさん更新されていて^^良かったです。

ななつのこシリーズ、大好きです。
私も2→1→3の順番で読んでしまった人です。
確かに、順番に読んでいたら私も読んでいなかったかもしれません。
結果オーライですね^^
「バックスペース」良いですよね!
私もだまされたと言いますか、やられたと言いますか。
瀬尾さんと駒子の今後は、もう書かれないんでしょうか。
また、会いたい気もします。
【2009/09/27 20:33】 | 苗坊 #- | [edit]
苗坊さん、こんにちは。
そしてまたお久しぶりになってしまいました、すみません~。汗
最近、どかっと更新になりつつありますが、見捨てずお付き合い下さると嬉しいです。

うふふ、ななつのこシリーズ、苗坊さんもお仲間でしたね。
でも、確かに結果オーライ!
「バックスペース」は、ほんとうにびっくりでした。
もう少し大人になった駒子、見てみたいですね。
第三者視点もいいなー♪

【2009/10/12 10:09】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1328-127209ce
  • スペース 加納朋子【苗坊の徒然日記】
    スペース オススメ! 大晦日、駒子は母に頼まれ、買い物をしていた。 そこで会ったのは、神出鬼没の瀬尾さん。 駒子は後に、瀬尾さんに16通の分厚い封筒を手渡す。 それから、一つの謎ときが始まる。 「ななつのこ」「魔法飛行」に続く、駒子シリーズ。 なんと...
【2009/09/27 20:35】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。