スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

海堂尊さんにハマり中

 2009-08-13-20:59
今更って言えば今更なんですが、「チーム・バチスタの栄光」を読んで、その面白さに瞠目しましたよ。一緒に借りてきた、「ナイチンゲールの沈黙」も一気読み。

再度図書館に行ったら、「ブラックペアン1988」があったのでこちらも。更にぽちっと予約した「ジェネラル・ルージュの凱旋」も借りだしてきて、その際、ついでに医療系じゃないしなぁ、と迷っていた「夢見る黄金地球儀」も借りてきちゃいました。

今のところ、読了したのは以下のもの。
・「チーム・バチスタの栄光」
・「ナイチンゲールの沈黙」
・「ブラックペアン1988」
・「ジェネラル・ルージュの凱旋」

バチスタとナイチンゲールは文庫上下巻で借りたので、たくさん読んだ気になってたけど、実はまだ四冊なのかー。久々に全部読まなくっちゃ!、という作家さん(現役病理医でもあるけど)です。だって、ほとんど全部の作品が繋がっているんだもの!

しっかりエンターテインメントしながら、現代の医療問題を滑り込ませるその手法がお見事。なんで1つの市を舞台にこんなに沢山の本が書けるんだろう、と思ったけど、1つの市を舞台とすることで現実としっかりリンクしてくるし、何より書きたい問題が海堂さんの中には沢山眠っているんだろうなぁ、と思いました。

「チーム・バチスタ」では、海堂さん悲願のオートプシー・イメージング(Ai)と壊れる医師、「ナイチンゲール」では共感覚(これは医療には関係ないけど)と小児医療。でもって、吃驚したのが、「ジェネラル・ルージュ」が「ナイチンゲール」の対となる作品だったということ! なんと、「ナイチンゲール」と「ジェネラル・ルージュ」は同時進行で起こっている出来事を、二つの作品に分けて語るという、荒業を使用しておられるのです。

「ジェネラル・ルージュ」は力作です。まさに今、赤字という血が流れている救急医療のお話です。それにまだ赤子である倫理問題が絡む。これだって、まだまだ話は広がっていきそうだし、「ブラックペアン」でその若き日を見た花房師長がどうしてこうなってるんだか、気になるー!気になると言えば、「ブラックペアン」では、まだ若くカッコよさ気な高階が、その後ではすっかり「タヌキ」キャラになっていること。あのスマートさには似合わん気がするんですが、どうなんでしょ。しかし、スマートかつ剛腕というのは、部下としては辛いですよね…。

それぞれの感想も後で書きたいなぁとは思うのだけれど、とりあえずこのはまり具合を書きたかったので、まずは一本記事にしちゃいます。
コメント
海堂尊は

月曜朝8時~のTV「特ダネ」のゲストコメンテーター
なんだよ。

v-100
【2009/08/15 22:57】 | わたし #- | [edit]
こんにちは。
海堂さん、わたしもボチボチ読んでます。
一番面白かったのは番外編的な「ひかりの剣」でした。
「ブラック・ペアン」も良かったな(番外編ばっかり・・・)。
【2009/08/19 21:19】 | 木曽のあばら屋 #GHYvW2h6 | [edit]
 こんばんは。
 海堂さん、「チーム・バチスタの栄光」で止まっていますが、ひょっとして、勿体ないことしています?
 最近、海外の医療ミステリを読んだのでまた読んでみたくなりました。
【2009/08/24 22:40】 | 樽井 #- | [edit]
返信遅くなってしまってすみません~。

>一太郎takam16さん
さすがに会社に行ってると見られない時間帯なんですが、自宅療養中にそういえば特ダネで海堂さんを見掛けました!
でも、その時は知らないおじさんがいるなー、と思って流してしまいましたよ…。涙

>木曽のあばら屋さん
「ブラック・ペアン」、外科医の世界がカッコよかったですよね~。
時代も古いし、まさに職人の世界!
「ひかりの剣」は、あれ、これ、医学生の話なんだっけ…?、という気もしましたが、「ブラック・ペアン」の裏側でこんなことやってたのかと思うと、高階の恐ろしさにより深みが増すというか…。

>樽井さん
「チーム・バチスタ」→「ナイチンゲール」+「ジェネラル・ルージュの凱旋」(同時期に起こっている別の出来事をそれぞれ書いている)なんですが、「ナイチンゲール」の方は若干不思議な話なので、合う合わないの難易度が高いかもしれません。私は「ジェネラル・ルージュの凱旋」で、がっちりはまった気がします。
上で木曽のあばら屋さんがおっしゃっている、「ブラック・ペアン1988」も面白かったですよー。
(でも、これはまだ文庫化されてないのかも)
【2009/09/06 10:54】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1321-d57c6e02
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。