スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「内なる宇宙」/星を継ぐもの三部作プラス一

 2009-08-10-22:04
内なる宇宙〈上〉 (創元SF文庫)内なる宇宙〈上〉 (創元SF文庫)
(1997/09)
ジェイムズ・P. ホーガン

商品詳細を見る

内なる宇宙〈下〉 (創元SF文庫)内なる宇宙〈下〉 (創元SF文庫)
(1997/09)
ジェイムズ・P. ホーガン

商品詳細を見る

今度は上下巻!
しかも、ホーガンによる「日本語版への序」がついてますよー。

コールドウェルをして、異星人の木乃伊を調べに遣れば生きた異星人を宇宙船ごと連れ戻り、星間宇宙船を出迎えに行けば異星文明と修好の扉を開け放ったと言わしめた、お馴染みヴィクター・ハント博士。今度ハントが連れて戻るのは別の宇宙ではないか?、とコールドウェルは肩を竦めるのだけれど…。

そう、タイトルは内なる「宇宙」。ハントはお見事、別の「宇宙」の存在を知らしめるのでした。

ハードSFが表芸だというホーガンが描くところのファンタジー的世界も面白くって! かつ、この神話的世界にも、ばっちりハード的な説明がつけてあるところもすごいよね。そして、ある種の人々への礼賛もいつものごとく。こういう健全さがいいところだよなぁ、と思うのです。

彼らは世界に向かって判決を申し渡すような真似はせず、自分に合った場所を見付けて現実と折り合い、与えられた機会をもっともよく活かすことを知っている。避けることのできない死を正面から見据え、自分が小さな存在でしかないことを認め、なおかつ、世のため人のために働くことに満足を覚える。バウマーたちにはそれができない。だから世の中に対して恨みを抱くのだ。自分では何一つ意義あることを成し遂げられず、他人の行為を否定することにいじけた喜びを見出すしかない。
何よりも、世のハントたちは自分の生き方に迷いがない。

「巨人たちの星」に比べると、ハント博士、今度はばっちり活躍しています。でもって、どうしたって理屈を捏ね回すやつではなく、前向きに行動する者が正義なのです。
SF
コメント
ファンタジー的世界でありながらハードSFであるという大傑作でしたよね。これを読んだら剣と魔法の世界という設定が考え足らずのパープリンに思えますよね。
【2009/08/10 23:50】 | goldius #ncVW9ZjY | [edit]
ファンタジーとハードSFが両立するんだ、と感動しました。
剣と魔法の世界の良さも捨て難いですが、これはまさにホーガンならではのファンタジーでしたよね。スバラシイ!
【2009/08/11 10:29】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1315-6ad0dbe8
  • 「内なる宇宙」 J・P・ホーガン 池央耿 訳 創元【目次が日本一のブログ(自称w挑戦者求む)】
    世界でただ一つの本物の異世界ファンタジーである。 異世界だと言ったところで、 この作品に比較すれば所詮地球の過去か未来でしょ。 あるいは別の惑星でしょ。 もしくはコンピュータ内の仮想空間でしょ。 となる。 物理定数を少し変えただけのハードSFの別の宇宙...
【2009/08/10 23:45】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。