スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「恋文の技術」/なにはなくとも書くのだよ

 2009-06-10-23:28
恋文の技術恋文の技術
(2009/03)
森見 登美彦

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
京都の大学から、遠く離れた実験所に飛ばされた男子大学院生が一人。無聊を慰めるべく、文通武者修行と称して京都に住むかつての仲間たちに手紙を書きまくる。手紙のうえで、友人の恋の相談に乗り、妹に説教を垂れ―。

目次
第一話  外堀を埋める友へ
第二話  私史上最高厄介なお姉様へ
第三話  見どころのある少年へ
第四話  偏屈作家・森見登美彦先生へ
第五話  女性のおっぱいに目のない友へ
第六話  続・私史上最高厄介なお姉様へ
第七話  恋文反面教師・森見登美彦先生へ
第八話  我が心やさしき妹へ
第九話  伊吹夏子さんへ 失敗書簡集
第十話  続・見どころのある少年へ
第十一話 大文字山への招待状
第十二話 伊吹夏子さんへの手紙
手紙で綴られる物語と言えば、三島由紀夫の「三島由紀夫レター教室」(感想)なんかを思い出しちゃうんですが、「レター教室」では五人の書き手がそれぞれ手紙を書くことによって、人間関係が浮かび上がるところが面白いのだけれど、反してこちらの「恋文の技術」では手紙の書き手はただ一人(「大文字山への招待状」だって、たぶん書き手は彼だよね?)。

書き手たる守田一郎は、ひたすらに書いて書いて書きまくる。だって、研究室でただ一人、淋しい臨海実験所に送られてしまったのだもの。置いてきた(?)親友の恋の行方が気になり、決して勝てはしないお姉様が気になり、家庭教師をしていた少年が気になり、本質を突きすぎる妹が気になり、学生時代に縁のあった森見登美彦氏が気になり、恋する伊吹夏子さんの様子が気になり…。

それぞれに宛てた手紙は、無論その相手への感情、立場によって、それぞれ違った物言いとなる。守田一郎、しょーもなー、と思う部分もあるんだけど、通して読むと愛しくさえあるんだな、これが。そう、彼の妹の言うとおり、「みんながお兄ちゃんの手紙にこたえて、手紙を書いてくれるっていうのは、とてもすごいこと」なんです。同じく妹の言葉を借りると、彼はワガママで偏屈で、何かというと威張ったり、ふてくされてばっかり、なんだけどね。

なにはなくとも書く。文通武者修行。こんな友人がいたら、厄介な…、と思うかもしれないけど、きっと楽しいのだと思います。携帯メールなんかだと、私はついつい心の中で返事をしてしまって、うっかり返信するのを忘れちゃうんですが、とりあえず書きまくって繋がる守田一郎のように、自分のメッセージはやっぱりきちんと届けてこそ、ですね。

あと、これはあんまり本質的ではないし、そう具体的に書いてあるわけじゃないんだけど、社会に出る前、自分の研究室時代を懐かしく思い出してしまいました。エバポレーターの陰で泣くとか、椅子を並べて仮眠とか。かつ、揃えた靴の中に、ゴ○ブ○とか。学校って、なんだってあんなにあいつらがいるんだ~。
コメント
何はともあれ「おっぱい万歳!」です(笑)
どーも、読み終わった今でも、ほのぼのとした温かさと間抜けさにやられ続けています(苦笑)
いいのか?大人として?(笑)
【2009/06/20 19:04】 | すの #- | [edit]
んふふ、確かに「おっぱい万歳!」ですよね。笑
あと、マシマロも万歳でした。
おっぱいとかマシマロとか言ってるから、なんか柔らかい感じがするんですかねえ。
ほのぼのと温かく間抜けで、オモチロイ物語でした。
確かにこの雰囲気は伝染性がありますよねえ。
でも、世界平和に役立ちそうだし、大人として良いと思います。笑
【2009/06/23 23:30】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1289-d2d9a013
  • 恋文の技術/森見登美彦【たまゆらのつぶやき】
    恋文の技術森見 登美彦ポプラ社 2009-03評価 by G-Tools , 2009/04/27 久々モリミー。新婚のモリミー。 全て手紙の形で書かれている本。 京都の研究...
【2009/06/11 18:23】
  • 「恋文の技術」森見登美彦【図書館で本を借りよう!~小説・物語~】
    「恋文の技術」森見登美彦(2009)☆☆☆☆★[2009057] ※[913]、国内、現代、小説、手紙、モラトリアム、大学院生、文通 ※ネタバレ少しあり。 未読者はただ書簡小説ということだけ知って、あとは前知識なく読むことを薦めたい。 手紙とモラトリアムはよく似合う。...
【2009/06/20 18:58】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。