スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「鏡は横にひび割れて」/ミス・マープル8/12

 2009-05-07-00:30
鏡は横にひび割れて (クリスティ文庫)鏡は横にひび割れて (クリスティ文庫)
(2004/07/15)
アガサ・クリスティ

商品詳細を見る

ポアロは結構読んだんですが、実はこれが初ミス・マープルなのです。お話としては面白かったんですが、ミス・マープルものとしては、後半に入っているのでしょうか。何せねえ、ミス・マープルってば、ほとんど家から出ないんです!(あれ、でも、ミス・マープルって、そもそも安楽椅子探偵でしたっけ?) 甥に雇われた付き添いのおばさん、ミス・ナイトには文句たらたらながら、通いのメイドを雇って一人暮らしというわけはいかなくって、ミス・マープルの思い通りにならないことばかり~。

ほとんど家を出ることがないといっても、たまーに家から出た時に、うまいこと(?)後の被害者に出会ったり、肝心な場面に友人がちょうどい合わせたりと、ミス・マープルが推理を行うのに、困ることはないんですけどねえ。ミス・マープルが暮らすセント・メアリ・ミード。もう少し田舎ならではの美しさとか、庭の話とか、そういうのを期待して読んでいたら、古き良きセント・メアリ・ミードにも、古くからの住民が眉をひそめる”新住宅地”が出来ていたりと、既に変化が起きてしまっているのです。今度はもう少し遡って読んでみようかな~。

文庫裏表紙より引用。

穏やかなセント・メアリ・ミードの村にも、都会化の波が押し寄せてきた。新興住宅が作られ、新しい住人がやってくる。まもなくアメリカの女優がいわくつきの家に引っ越してきた。彼女の家で盛大なパーティが開かれるが、その最中、招待客が変死を遂げた。呪われた事件に永遠不滅の老婦人探偵ミス・マープルが挑む。
解説:新津きよみ

そうそう、あと残念だったのが訳の口調。最近のウッドハウス並みの訳の口調だったら、もっと絶対面白かったのにー! 事件自体は今読んでも、なるほどねえと思うし、「鏡は横にひび割れて」という、テニスンの詩からの引用(読んでませんが)も素敵。ふとした瞬間に見えてしまった、人生の裂け目。そこには何があったのか?

口調の何が気に入らないって、老若男女にかかわらず、どの登場人物も「~でしたねえ?」とか「~ですがねえ」とかいう話し方を突然混ぜてくるので、なんだか間延びした感じがしちゃうんです。ダーモット主任警部による、会話が中心の聞き取りになるので、この辺の処理が難しいとは思うのですが、もう少しそれぞれのキャラクターに合わせた話し方にしてくれないものかしら、と思ってしまいました。ウッドハウスのキャラ立ちまくりの会話文を読んだ後遺症かもしれませんが…。
自分の参考に、<ミス・マープル>シリーズの順番をメモ。
・牧師館の殺人
・書斎の死体
・動く指
・予告殺人
・魔術の殺人
・ポケットにライ麦を
・パディントン発4時50分
・鏡は横にひび割れて
・カリブ海の秘密
・バートラム・ホテルにて
・復讐の女神
・バートラム・ホテルにて
・スリーピング・マーダー
ミス・マープルは、「鏡は横にひび割れて」の前に健康を害した感じだったのですが、最後の方では気力も大分復活してきたよう。付添いも叩き出す決心をしたみたいだし、ちょうどこの頃がミス・マープルが一番弱っていた時なのかなぁ。やっぱりぼちぼち読んでみようっと。それでも、家から出ない安楽椅子探偵が、ミス・マープルの正しい姿なのかもしれませんが・・・。
コメント
こんにちは。
ミス・マープルもの、何気にすべて読んでます(忘れてるのも多いけど)。
一番面白かったのは「予告殺人」かなあ。
短編集「火曜クラブ」も好きです。

「鏡は横にひび割れて」は、せつない動機がツボだったような記憶が。
【2009/05/09 21:00】 | 木曽のあばら屋 #GHYvW2h6 | [edit]
お久しぶりです。
マープル一冊目が「鏡は横にひび割れて」とは!
わかりますよ、ノラない感じが(笑)。
私は中学のときに読もうとして挫折してますから。
マープルはできるなら年代順に読んでいくのがいいと思います。
これはトミーとタペンスシリーズにもいえることですが、歳を重ねていく過程に面白みがあるように感じます。
とはいえ、私も順番を守って読んでいるわけではありませんけどね!
【2009/05/09 23:51】 | くろにゃんこ #Rr/PoIDc | [edit]
>木曽のあばら家さん
こんばんは~。
おお、コンプリートですか、すごいなぁ。
クリスティ、何気に数が多いですよね。
訳が…、とか言いだすと、ちょっとのれないものも多いんですよねえ(私だけ?)。
ええ、本書は犯人の切ない心理と、最後のシーンが良かったですね。
流石、クリスティ!(文句、いろいろ言いましたけど。笑)

>くろにゃんこさん
わー、お久しぶりです。
トラバもどもです。
なんかで、「鏡は横にひび割れて」が良いと読んだんですよね。
で、お初がこれになっちゃったんです。笑
お話としてはとても良かったんですがねえ。
やっぱり、年代順に読むべきですよね。
あ、そういえば、トミーとタペンスも読んだことないんですよ。
クリスティは数が多い~。
【2009/05/10 23:05】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1282-cfb2465c
  • 鏡は横にひび割れて アガサ・クリスティー【くろにゃんこの読書日記】
    私が中学生時代に読もうとして、途中で投げ出してしまったマープルは、 なにを隠そう「鏡は横にひび割れて」なのです。 マープルは耄碌したおばあさんだし、活力があんまり感じられない。 長年マープルを愛読んでいる読者なら、そこにマープルの他のシリーズとの違いや晩
【2009/05/09 23:35】
  • 『鏡は横にひび割れて』 アガサ・クリスティ【じゅうのblog】
    「アガサ・クリスティ」の『鏡は横にひび割れて』を読みました。 [鏡は横にひび割れて] 「アガサ・クリスティ」作品は4月に読んだ『ハロウィーン・パーティ』以来ですね。 -----story------------- 穏やかなセント・メアリ・ミードの村にも、都会化の波が押し寄せてきた...
【2010/06/22 23:11】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。