スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「逃れの森の魔女」/ヘンゼルとグレーテル

 2009-04-16-23:40
逃れの森の魔女逃れの森の魔女
(2000/02)
ドナ・ジョー ナポリ

商品詳細を見る

「わたしの美しい娘」(感想)に引き続き、二作目のドナ・ジョー ナポリ。

こちらもまた、「ヘンゼルとグレーテル」を下敷きにした物語なんだけど、前半を割いて語られるのは、魔女がお菓子の家を作って、人里離れた森の中に暮らすまで。「わたしの美しい娘」もそうだったんだけど、おとぎ話だと唐突に、そういうものだと語られている部分が、ものすごーく納得出来る形でその状況が整えられているのです。

悲劇ではあるのだけれど、この「魔女」がとても素敵。まだ二冊しか読んでないけど、ドナ・ジョー・ナポリが描くところの女性たちは、その意志の強さと賢さが魅力的なんだよね。賢さと言っても、それは知識ではなく知恵の方。しかし、知恵のある女性だった、この物語の「魔女」は、ちょっとした切っ掛けから、転落してしまうのです。

転落してしまった後も、自らを律することの厳しさから生まれる緊迫感にドキドキします。そして、誰もが知っているあのラストへ。それはでも、美しい希望なのです。
目次
第1章 旅のはじまり
第2章 魔法陣
第3章 癒し
第4章 バール
第5章 炎
第6章 お菓子の家
第7章 野菜のスープ
第8章 宝石
第9章 魔法陣
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1271-6f46d732
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。