スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「語り手の事情」/言葉と肉体?

 2009-03-14-23:04
語り手の事情語り手の事情
(1998/03)
酒見 賢一

商品詳細を見る

「後宮小説」(感想)以来、ご無沙汰の酒見さん。「後宮小説」とはまた違っているのですが、これまたけったいな本を読んでしまったなー。嫌いじゃないんですけど、ね。
目次
Circumstance.1 Adolescence fancy
Circumstance.2 Mutated trance sexual
Circumstance.3 Reciter's world
Circumstance.4 Marriage with a succubus
Circumstance.n Never foreber
語り手が語るところによると、舞台はイギリスはヴィクトリア朝の、とあるお屋敷。妄想を育てたものだけが、この屋敷の主人に招待される…。年上のメイドに童貞を奪われることを望む少年、人品卑しからぬ中年紳士(しかし、心は女性になることを熱望している)、性奴隷という妄想を育て、手作りの拷問道具を持ち込んだ荒くれ型の紳士など、いずれ劣らぬ妄想の持ち主が、この屋敷を訪れる。

なんだなんだこの話は、と思う内に、すこーし流れが変わってくるのは、メイドのチッタが呼び出した、霊魂(?)ルーが出てくる辺りから。肉体的な事を書いた小説って色々あるとは思うのだけれど(やたらと五感が刺激される、古川日出男さんとか)、おー、こういうのもあるんだ、と面白かったのです。なんだろう、語られるのは、忘れ去られている肉体感覚? 肉体感覚を失ったら危ないよ?ってこと? いや、教訓とかを見出すお話じゃあないんでしょうけど。

互いにサッキュバスにもインキュバスにも成り得るという意味です。相手に与えたものがその質と量だけ返ってこなかったら、一方が精力を盗むことになるのです。結婚生活はそのバランスの上にあります。ですがもし必ず相手に与えたものよりもちょっぴり多めにお互いが返してもらうならば、二人はサッキュバスに堕さなくてすむのです。そしてそれは不可能なことではないのです。

そうして、テラ・インコグニタ。未知の領域へ。うーん、ヘンな小説だー。
コメント
これを読まれたのですかー!!
いやもう私、これを読んだ時はほんとびっくりしました。
今まで酒見さんは中国物しか読んでなかったのに
いきなりヴィクトリアンなイギリスで、しかも、なんですもんーー。
も、ほんとびっくりさせられますね。(笑)
【2009/03/15 07:46】 | 四季 #Mo0CQuQg | [edit]
わーい、こっちにもありがとうです。
いや、でも、一応四季さんとこ探索して読んだ本じゃないんですよ。笑
ずーっと積んでて、図書館本が切れたので、これを読んでみました。
四季さんとこを見て借りてきたのは、「ショパンに飽きたら、ミステリー」とか、「石のハート」とかです。笑

「後宮小説」とかも、後宮を舞台とするだけに、あれな話もありましたが、こっちは全編そういう話ですもんねー。笑
でも、中国からヴィクトリア朝に舞台が変わっても、やっぱり独特の軽やかさがありますよね。不思議。
酒見さんも、一筋縄ではいかないのかしら。笑
【2009/03/15 22:37】 | つな@管理人 #- | [edit]
この本もおかしな本でしたが、「聖母の部隊」もそうとう振れ幅の大きな本でした。
初期の頃は中国もの以外にも手を出していたんですね。

>やっぱり独特の軽やかさがありますよね。

そう、これだけきっちり中国モノをやっておきながら同時に軽さがあるのがいいですよね。
【2009/03/16 00:18】 | bookbath #- | [edit]
amazon見たら、「SFマインド」って書いてありました。<「聖母の部隊」
ちょっと気になってきましたよ。笑
ほんとですね、初期のころは、色々な方向を模索していたのかしら。

ええ、良い意味で重厚じゃないですよねー。
「後宮小説」の銀河のお茶目な感じも忘れられません♪
【2009/03/16 23:23】 | つな@管理人 #- | [edit]
 こんばんは、樽井です。
 あ、これは未読です。酒見賢一さんは「後宮小説」がやっぱりメジャーなんですけれど、アンディ・ラウで映画化された「墨攻」もいいし、やはり何はさておき「陋巷にあり」がいいですよ。未読でしたら是非に。現在・過去・未来にあっちいったりこっちにいったり、著者がえんえんと登場して蘊蓄を語ったりして面白いですよ。「聖母の部隊」はバリバリSF、戦争ものだったりします。 
 酒見さん、もっとたくさん本を出して欲しいですね~。
【2009/03/17 23:24】 | 樽井 #- | [edit]
樽井さん、こんばんは~。
もう少しで誕生日なんでしょうか。おめでとうございます!
そういえば、今日は友だちの誕生日でした。
(や、あまり関係ないか…。笑)

「陋巷にあり」は長いような気がして、実は敬遠してたんです。
でも、やっぱり面白いんですねえ。
「墨攻」も、実は積み中…。
酒見本、もっと読んでみようかなぁ。
「聖母の部隊」の話もありがとうございます♪
「語り手の事情」は、電車などで読むには向かない小説かなぁ。
(でも、私は電車の中で読んじゃいました。汗)
【2009/03/18 23:15】 | つな@管理人 #- | [edit]
これ、随分前に読みました。
お久しぶりです♪
本当に変な小説だったワーとか思い出していました。

最近は事情があって、図書館にも行けず本も読む時間もなく。
またボチボチ読みたナーと思っていると仕事が^^;
のスパイラルでございます。
【2009/03/19 05:31】 | ぐるぐる #2UxYyfxk | [edit]
 ありがとうございます。
 誕生日は本日でした^^ 「語り手の事情」ちょっと手にいれてみようかなぁとアマゾンさんを見ると既に絶版になっていたのですねぇ。酒見さんも、佐藤亜紀さん同様に出版社さんには恵まれていない方の様です。
【2009/03/19 09:08】 | 樽井 #- | [edit]
>ぐるぐるさん
お返事がすっかり遅れてすみません。
モモ(仮)くんのことも大変そうだなぁと思ってたんですが、お母さまも大変だったんですね。
お仕事もあるし、ほんとゆっくり本が読める時間が取れるといいのですけれど…。
(てか、いつも読み逃げしててすみません。汗 こちらこそご無沙汰してます!)

さて、ヘンな小説でしたよねえ。笑
さすが、酒見さん!と思いました。

>樽井さん
こんばんはー。
お誕生日ナイトは色々あったんですねえ。
でも(?)、おめでとうございました♪

おっと、すでに絶版ですか。
私、図書館本中心なんで、あまり気付かないんですが、え、これも?、と思う本が絶版になってて、時々びっくりします…。
樽井さんは図書館は利用されないのでしたっけ?
もしかしたら、図書館にはあるかも??

【2009/03/24 21:17】 | つな@管理人 #- | [edit]
これ、私も読みました。
私も、墨攻なんか、で酒見さんすごい!!って思っていて
それで、作品探しているうちに、これに行き着いたって感じで、
読んで、なんじゃ!!こりゃ??っと、
すごい変わっている作品でした。
【2009/03/30 01:16】 | indi-book #- | [edit]
これ、みんなが「実は私も…(読みました)」というタイプの本なんでしょうか。笑
indi-bookさんも記事は上げておられないのかな?
やっぱり、なんじゃこりゃー?!な本ですよね。笑

変わってるけど、引用したあたりはなかなかまともなことを言っているのかな、と思いました。
あ、結婚生活とか精力とか、そういう狭い意味だけじゃなくって、人から貰ったものよりも、ちょっと多くを返すようにする、とかそういう意味でですけど。
【2009/03/30 22:12】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1257-595320b7
  • 「語り手の事情」酒見賢一【Ciel Bleu】
     [amazon] 性倫理に厳格で、いかがわしさを連想させるものは机の脚ですら布で包み隠されたというヴィクトリア王朝の英国が舞台。そこには、性に対する様々な妄想...
【2009/03/15 07:46】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。