スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「つきとうばん」/つきを育てよう

 2009-03-09-23:00
つきとうばんつきとうばん
(2006/06)
藤田 雅矢梅田 俊作

商品詳細を見る
今、ちょうど藤田雅矢さんの本を読んでいるんですが、その関係で気になったのがこちらの絵本。

光る丸い物を見つめる、父と子。足元には小さなきらきらした物たち。

タイトルが「つきとうばん」だからして、直ぐに想像出来てしまうとは思うのだけれど、二人が見つめているのは、お月さま。彼らの足もとにあるのが、星。
ある冬の日、父と子の家に、白い玉と砂粒のようなものが入った箱が届きます。そう、今年は彼らの家が当番なのです。春になって父は種をまき、つきとほしはぐんぐんと育っていきます。季節は春から、夏へ。村人たちも、光る畑を見に来ます。

そうして、大切に育てたつきのみは、ふうわりと空へと上り、夜空を照らすのです。
食い気が勝った感想だけど、これ、秋風が吹いて寒くなってきてからが、またいいんだなぁ。寒くなってくると、空に浮かんだ月は、しぼんで落ちてきてしまう。落ちてきた月をみんなで拾いに行って、パイを焼いて食べるのが村の決まりなのだって。つきのパイ。食べてみたくありませんか?
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1252-656c85c6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。