スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「わたしの美しい娘―ラプンツェル」/ツェル

 2009-02-28-22:42
わたしの美しい娘―ラプンツェルわたしの美しい娘―ラプンツェル
(2008/09)
ドナ・ジョー ナポリ

商品詳細を見る

誰もが知ってる童話、「ラプンツェル」を下敷きにした物語。下敷きと言っても、ほんとうはこういう物語だったのかしら?、と錯覚を覚えるほどに、すんなりと物語が入ってきます。

感情を抑えた母の語り、母の愛情。無邪気な娘、ラプンツェルの無条件の母への信頼、ラプンツェルの生気に溢れた若さ…。

母と娘のみで充足していた暮らしは、町で出会った貴族の青年、コンラッドによって終わりを告げる。しかし、植物を自在に操る母にはある事情があり、ラプンツェルが母から離れていくことを許しはしない。そうして、ラプンツェルは童話そのままに高い塔に閉じ込められる…。

傲慢ですらあったコンラッドは、一度だけ出会い農家の娘だと思い込んだ、ラプンツェルの事を忘れられずに、彼女を探し続けるのだが・・・。
そもそものラプンツェルの物語はどうだったんだろうと思って、検索してみたら、(少なくとも初版は)私が思っていたのともまた違った物語だったよう(Wikipediaにリンク)。童話っていま一つ理解出来ないというか、納得いかないところがあるような気がするんですが(突然出会った王子に恋に落ちるとか)、いやぁ、これはすんなりすんなり腑に落ちるんですよー。

最初は「ラプンツェル」という物語ではなく、「わたしの美しい娘」の方に着目しちゃってたので、すっかり母側で読んでたのです。最初は娘も「ラプンツェル」ではなく、「ツェル」という愛称で呼ばれているしね。そして、母と娘のどこか普通ではない生活の、何だか美しくも不穏な匂いに惹かれて読んでいくと、そこに現れるのは…! 哀しい女と赦す女の物語でした。青年、コンラッドも良かったです。

石を抱き続けるカモと、そのカモに心を痛めるラプンツェルのエピソードも印象的。知っていると思っていたお話に、解釈によってまた違う面が見えてくるのが快感でした♪ ドナ・ジョー・ナポリ。次は「逃れの森の魔女」を読んでみよっと。こちらは、「ヘンゼルとグレーテル」のようですよ。
目次
Ⅰ 贈り物 スイス、16世紀半ば
Ⅱ 拒絶
Ⅲ 孤独
Ⅳ 執念
Ⅴ キス
Ⅵ 愛
Ⅶ ちりぢりに
Ⅷ 再会
逃れの森の魔女逃れの森の魔女
(2000/02)
ドナ・ジョー ナポリ

商品詳細を見る
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1248-99798241
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。