スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「草祭」/美奥という場所

 2009-02-07-13:35
草祭草祭
(2008/11)
恒川 光太郎

商品詳細を見る

目次
けものはら
屋根猩猩
くさのゆめがたり
天化の宿
朝の朧町
表紙はまた、ノスタルジックな感じなんだけど、(時々、「花まんま」とかのノスタルジックな感じの朱川さんと、この恒川さんを混同してしまいそうになるんだよなー)、恒川さん独特の、ホラーっぽい雰囲気もあるファンタジックなお話でした。

共通して描かれるのは”美奥”という場所で起こる不思議な話で、それぞれの短編は繋がっていたりそうでなかったり、時代も自由に遡ってみたり。でも、そっとその世界に入って行って、そこから強いイメージ喚起力を持った話がぐわっと立ち上がってくるのは、みんなおんなじ。恒川ワールドだよなぁ。

五編のうち、特に印象深かったのは、「屋根猩猩」。シーサーのように屋根の上に鎮座する、”屋根猩猩”。夜の空の中(ほんとは夜だけじゃないけど)、屋根の上を自在に飛ぶ”守り神”が目に浮かぶようでした。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1236-359ffcaf
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。