スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ペトロス伯父と「ゴールドバッハの予想」」/とある人生

 2009-01-15-00:01
ペトロス伯父と「ゴールドバッハの予想」 (ハヤカワ・ノヴェルズ)ペトロス伯父と「ゴールドバッハの予想」 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
(2001/03)
アポストロス ドキアディス

商品詳細を見る

「ゴールドバッハの予想」(Wikipediaにリンク)とは、加法的整数論の未解決問題の一つなのだそうな。曰く、「2より大きいすべての偶数は、二つの素数の和で表わすことができる」。

小川洋子さんの「博士の愛した数式」(感想)と比較している文章をどこかで見て、気になったので借りてきました。数学をモチーフにしていても、結果、私には特に共通点は見つけられなかったなぁ。

一族の中の変わり者の伯父。「わたし」の父や叔父は、兄であるペトロス伯父を常に軽んじていた。広い庭と果樹園に囲まれたギリシャの片田舎で、節度ある一人暮らしを送る伯父。わたしはどこか秘密めいた伯父に心惹かれるのだが…。

伯父は、かつて天才的な数学者であった。自らの力を示すために、伯父が選んだのは、「ゴールドバッハ予想」。若き日の伯父は、その問題に全力で取り組み、誰か他の者が答えに辿り着くことを恐れるあまり、その途中で得た成果すらも発表することを恐れるのだが…。やがて訪れる挫折。

若き日の伯父の話と、「わたし」の話が重なってゆく。伯父の影響で数学者を目指した「わたし」は、伯父の企みにより、いったんはその道を諦める。しかし、伯父の出した問題が何たるかを知った「わたし」の胸に、再び数学者への夢が宿るのだが…。

実業を重んずる「わたし」の一族の気持ちも分かるし、完全な理論のみの数学の美しさも良く分かる。伯父の諦めは正しかったのか、「わたし」が伯父に認めさせようとした過ちは、確かに過ちだったのか。

「ペトロス伯父」は架空の人物ですが、実在の人物がうまく絡めてあります。ハーディ、ラマヌジャンについては、過去、藤原正彦さんの 「心は孤独な数学者 」(感想)を読んでいたのでわかりましたが、そうでなかったら分からなかったかも~。

ペトロス伯父の生き方は、全か無かしかありませんでした。それはほとんど狂気ともいえるほど。

これを読んで印象深かったのは、実は下に引用する箇所だったりします。

真理に近づきすぎる危険について彼が言ったことばが真実味を帯びて頭の中でこだましていた。”狂った数学者”というイメージは陳腐な空想ではなく、実在するものだ。“科学の女王”の研究者たちは蛾のようなもので、輝く無慈悲な光に引き寄せられ、容赦なく焼かれるのだ。(p159より引用)

良くは知らないけど(というか、これ読むまで、認識してなかったけど)、他の分野ではこんなことってあるんだっけ? 数学だけ???
数学といえば、これも読んでみたいんだけど、果たして理解出来るであろうか。汗 表紙も素敵だよねえ、これ。
素数の音楽 (新潮クレスト・ブックス)素数の音楽 (新潮クレスト・ブックス)
(2005/08/30)
マーカス・デュ・ソートイ

商品詳細を見る
コメント
こんにちは。
「ゴールドバッハの予想」はとても魅力的ですが、
この小説はイマイチに思いました。
「素数の音楽」は面白かったです。
私ごときが理解できました(理解できた気になれました)から
きっと大丈夫ですよ!
【2009/01/16 17:50】 | 木曽のあばら屋 #GHYvW2h6 | [edit]
お、「素数の音楽」面白かったですか!
では、私も恐れずいってみようかな~。笑

この小説は、伯父の動機も語り手の動機もいまひとつ不明でしたね…。
amazonでは高評価だったんですが…。

でも、おじつながり(?)で、オリヴァー・サックスの「タングステンおじさん」を借りてきました。
オリヴァー・サックスの本も面白かったので、彼の少年時代を描いたこの本も楽しめそうです♪
副題は、「化学と過ごした私の少年時代」。
オリヴァー・サックスって、親戚一同がほぼ科学者なんですね。
なかなかディープそうです。
【2009/01/20 22:13】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1227-f0619e29
【2009/02/22 18:42】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。