スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「カニバリストの告白」/禁忌

 2009-01-05-01:21
年明け一冊目がこの本っていうのもどうなのかなー、と若干ブログを放置気味だったんですが、「日常」つらつら読んでいる本を記録するのが、この場所の目的ですので、このままいってしまいます。

そんなわけで、今日の本は怪作をものしてきたデヴィッド・マドセンの三作目。その名も「カニバリストの告白」。ところが、これが意外とあまりひねりのない作品でして。ほんとーに「カニバリスト」の「告白」なんです。

カニバリストの告白カニバリストの告白
(2008/06/28)
デヴィッド・マドセン

商品詳細を見る

幼き日より肉をこよなく愛し、自らの天才を疑うことのないシェフ、オーランドー・クリスプ。彼は亡き美しき母を盲目的に崇拝し、かつそれと全く同じ絶対的な量で父を憎悪し、目的のためには自らの尻(ああ、こういうとこマドセンよね)や持ち物を貸すことも厭わない人物である。念願かなってオーナーシェフとなった店は、極めて優秀な双子がついたこともあって、評判の店となる。ただ一人の料理評論家を除いて…。

物語はこのオーランドーの刑務所での回想記という形で始まり、精神科医の所見が挟まる。オーランドーの回想が佳境に入るにつれ、精神科医の精神が崩壊していく様が見て取れる。こよなく肉を愛するオーランドーは、文字通り「肉を愛する」こともあり、生肉を美しき料理に変化させるその技を、錬金術にも似た芸術だとみなしている。そうして、とうとうその技は禁断の域に入るのだ…。

と、とても新年から読むのに相応しいお話ではないのでした…。マドセンなんで、もっと覚悟というかひねってあると信じて読んでたので、その点ではちょっと肩透かしではありましたが、ところどころ挟まるレシピも、想像しちゃうとちょっと気持ち悪いかも。これ読んじゃうと、じわーっと溢れてくる肉汁とか、肉の歯応えなんかが、しばらくは疎ましく思えてしまうような気がしないでもありません。

著者、デヴィッド・マドセンは、哲学・神学者という以外、本名や経歴は謎なのだとか。人肉というタブーに挑戦しているのかもしれませんが、一冊目の「グノーシスの薔薇」が一番面白かったなぁ。そこがホームだから?

と、新年一発目、こんな本の感想から始まってしまいましたが、みなさま、今年もよろしくお願いいたします~。

・「グノーシスの薔薇」/ゴシック歴史ロマン
・「フロイトの函」/函の中には何がある?
コメント
 新年あけましておめでとうございます。
 長期で田舎にでも帰っておられるのかと思いきや、そういうことでございましたか。確かに年明け一発目に読むには少々腹にもたれるものがありますね。  
 今年もよろしくお願い致します。
【2009/01/05 09:25】 | 樽井 #- | [edit]
樽井さん、おめでとうございますー♪
今年もよろしくお願いいたします。

田舎というほど遠くもないのですが、ネットからはしばし離れておりました。
で、1/3の夜あたりには帰ってきていたのですが、この期間、まったく本を読まなかったので、ストックがこれしかなかったという…。笑
こんな始まり?って感じですけど、今年もどうぞよろしくです。
雅ちゃん、可愛いですね。ひそかにファンでありますよ。
【2009/01/06 21:44】 | つな@管理人 #- | [edit]
 こんばんは~。
 ドゥームズディーブック、面白そうですね。
 さてさて、雅、意外と各地で人気みたいなので、ちょいちょい写真載っけていくことにしたのでまた見てやってください。普通のキジトラ猫なんですけれどね^^
【2009/01/08 23:58】 | 樽井 #- | [edit]
樽井さん、こんばんは~。
ええ、「ドゥームズデイ・ブック」面白かったですよ♪
こちらは文庫化もされてるみたいですが、上下巻分冊になってるくらいなので、それなりの厚みもありますが・・・。
これも面白いんですが、お話としては「犬は勘定に入れません」の方が私は好みなんですよ~(こちらは文庫化されてないみたい)。
なので、できれば「ドゥームズデイ・ブック」→「犬は~」をオススメしたいです。
「犬は~」は、猫のプリンセス・アージュマンドも、雅ちゃんに負けず劣らず魅力的です。笑
わーい、写真ありがとうございます。
ひそかに楽しませて頂いております♪
【2009/01/09 00:42】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1223-c9d4f91e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。