スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ゆめつげ」/視えてるんです

 2008-12-18-00:18
ゆめつげ (角川文庫)ゆめつげ (角川文庫)
(2008/04/25)
畠中 恵

商品詳細を見る

時は風雲急を告げる幕末の世。弱小神社、清鏡神社を護る神官兄弟、川辺弓月、信行は、裕福な札差の生き別れた後継ぎを探す騒動に巻き込まれる。

清鏡神社とは別格の神社、白加巳神社の権宮司、佐伯彰彦に頼み込まれ、また礼金にも(主に兄弟の父親が)心惹かれ、兄、弓月は、気が進まぬまま、夢告げを行うことになったのだが…。辻斬りに襲われたり、集まった三組の親子が襲われたりと、白加巳神社の周辺は何かときな臭く、兄弟の身にも危険が及ぶ。

神社を根城にしているらしき浪人たちの目的は?、また権宮司、彰彦の狙いとは?、三組の親子のうち、本物の後継ぎは誰なのか?、札差をたたむ決意をしている青戸屋の意図とは?

お話は謎仕立て。これにおっとりした兄と、その兄を叱咤激励するしっかり者の弟が絡むわけです。

でもねー、いっそのほほんとした雰囲気なら、それはそれで良かったんだけど、この夢告げ。人の体には悪影響を及ぼすらしく、夢告げを繰り返す度に、お兄ちゃんは何度も血を吐いたり、死にそうな目にあってしまうのです。実際、浪人たちの目的にしても、そんな迂遠なやり方しないだろう、と思ってしまうし、なんだかお兄ちゃんの血のにおいばかりが印象に残るのでした…。結構、人死にも出てしまうしなぁ。もう少し柔らかい謎で、この兄弟の掛け合いを見たかったです。

タイトルだって、平仮名で「ゆめつげ」。表紙といい、もう少し柔らかい物語を期待してしまっただけに、ちょっと残念。
コメント
弱小神社でなくて、私が弱小なんだよ。
兄は弓月でなくて、兄やは仁吉と佐助なんだよ。

>人の体には悪影響を及ぼすらしく...

ならば長崎屋の薬種問屋をやっているからぜひ来ておくれ。


>お兄ちゃんの血のにおい

兄や達を怒らせると血が流れるんだよ。


>死にそうな目にあってしまう

私のことかしら。

v-100
【2008/12/18 17:56】 | 一太郎 #- | [edit]
いやいや、弱小ではなく病弱でしょう。笑

うーん、一太郎劇場ですね。笑

「うそうそ」のドラマはご覧になりましたか?
【2008/12/19 00:27】 | つな@管理人 #- | [edit]
確かに確かに血の匂いというか、過酷な運命とか重さを後半は感じてしまいましたね。前半のタッチやしゃべりの軽やかさが後半どんどんと消えていって。ちょっと前に読んだ「うそうそ」もそうなんだけれど、畠中さん、長編で重めのテーマを入れるとちょっとタッチや雰囲気とそぐわない感じになっちゃうのかな?
時代物のぶんしか読んでいないんで、なんともいえませんが。
 
【2008/12/21 02:55】 | 樽井 #- | [edit]
樽井さん、こんばんはー。
うおう、すごい時間の書き込みではないですか。
お疲れ様です。

前半、軽そうな感じですのにね。
そうそう、「うそうそ」の樽井さん記事を読んで、私もそうだったんだよなぁと思いました。
しゃばけシリーズもね、私は短編の方が好きです。

あ、私も畠中さんの現代もので読んだことがあるのは、連作短編の「とっても不幸な幸運」のみです。
実はこれもそこまで面白いわけではなかったんですよねえ。

しゃばけシリーズも好きなんですけど、いつまでも若だんなの体も、そろそろ強くしてくれないのかなぁ、とか。笑
最近、畠中さんに関して、ちょっと辛口かも。
【2008/12/22 21:35】 | つな@管理人 #- | [edit]
こんばんは。
TBさせていただきました。

ちょっと生々しさが目に付いちゃったみたいですね。
兄弟のやり取りが楽しかったです。
【2008/12/28 01:42】 | 藍色 #- | [edit]
藍色さん、こんばんはー。
トラバありがとうございます。

そうなんです、どうも生々しくって~。
あと、お兄ちゃんが痛々しくてどうもですね。
やり取りはほのぼのしてたのになぁ。
【2008/12/28 23:17】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1215-39adcd4a
  • ゆめつげ 畠中恵【粋な提案】
    カバーイラストは三木謙次。カバーデザインは鈴木久美。単行本の文庫化です。 江戸は上野の清鏡神社の神官、川辺兄弟はのんびり屋の弓月とし...
【2008/12/28 01:38】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。