スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「至福の味」/最後の晩餐

 2008-12-07-00:21
至福の味至福の味
(2001/07)
ミュリエル バルベリ

商品詳細を見る

料理評論家として栄華を極めた男。しかし、彼の命はあと僅か…。グルネル通りの寝室に横たわる彼の回想と、彼の周囲の人々の独白が交互に続く。浮かび上がる男の姿とは…。

男が追い求めるのは生涯最高の味。最後の晩餐として、その味をもう一度べたいというのが男の願い。男は思い出すことが出来るのか?

フランス最優秀料理小説賞受賞作とのことなんですが、そもそも「料理小説」ってそんなにはないんじゃないかなーと思ったり、すごい限定だよなーと思ったり。

男が思い出す、祖母や伯母が作ってくれたという、素朴な家庭料理は確かに美味しそうなんだけど! 家庭も顧みずにひたすら美を追い求めたこの男。それでも、妻は彼の面倒を最後まで見たのだから、それでいいのかもしれないけれど、周囲には彼のせいで傷ついた人たちが沢山。彼らの独白を読むうちに、すっかり彼らに同情してしまい、主人公たる男がただの自己チュー男にしか見えず、いっそ思い出せなくてもいいんじゃないの?、などと思ってしまいましたよ。多少におとぎ話的なところもあるけれども、私にはちょっと合いませんでした…。

の追求としてはそれでいいんだろうけれど、「美味しんぼ」の海原雄山親子の確執ではありませんが、に纏わる確執は根が深いのだと思うのです。その確執はそのまんまにして、自分だけすっきりって何さーー!!と憤ってしまいました。いや、この小説の読みどころは、きっとそこではないのでしょうが。そして、表紙の雰囲気は好きなんだけどさ。

もともと、著者ミュリエル・バルベリの他の本を読みたいなぁ、と思っていて、でも、そちらの設定の匂いにちょっと腰が引けて、こちらを借りてきたのです。「至福の味」もamaoznでは高評価なんだよね。うーん、ミュリエル・バルベリさん、私には合わないのかなぁ。「至福の味」も自分だけがトクベツ!な男の話なんだけど、こちらの本も、自分の知性を隠す未亡人に天才少女、ミステリアスな日本人の紳士と、非凡なことを前面に押し出している感じなんだよね。読んでないくせに雰囲気だけでいうのもなんですが、非凡なことってそんなに偉いの?、と思ってしまうのだよなぁ。

優雅なハリネズミ優雅なハリネズミ
(2008/10/09)
ミュリエル・バルベリ

商品詳細を見る
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1210-f6972293
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。