スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「時のかさなり」/四人のこども

 2008-12-03-22:23
時のかさなり (新潮クレスト・ブックス)時のかさなり (新潮クレスト・ブックス)
(2008/09)
ナンシー ヒューストン

商品詳細を見る

子供は大人が考えるほどに子供ではなく、大人は子供がそう考えるほど大人ではない。

人にはそれぞれ歴史があって、過去の何かがその人の選択や、その人の行動に影響を及ぼしている。私たちの目の前には常にたくさんの選択肢があるけれど、その時、なぜその選択をしたのか、どうしてそのように考えたのか。時には、その行動に自分の過去の経験を感じることがある。

三代遡れば、私たちだって戦争の体験者である祖父母に辿り着く。

ここに出てくるのは六歳の四人の子供。一族四代を遡ることで見えてくるものとは…。
目次
第一章 ソル、二〇〇四年
第二章 ランダル、一九八二年
第三章 セイディ、一九六二年
第四章 クリスティーナ、一九四四~一九四五年
訳者あとがき
南カルフォルニアに住み、暴君として家庭に君臨するソル、ソルの父親のランダル、ランダルの母セイディ、セイディの母クリスティーナ…。

代を遡るごとに見えてくるもの。ソルの語り口で不思議に思っていたことが、少しずつ明かされていく。クライマックスは終章を飾る、ソルの曾祖母にあたるクリスティーナのナチス統制下のミュンヘンでの暮らしだろう。そこには当然ぐわーーっとくるんだけど、むしろ私がすごいなぁ、と思ったのは、本当に本当に細かいところ。

セイディの外反母趾のわけ、セイディの自分への厳しさの由来、クリスティーナ改め歌手のエラが言葉のない歌を歌うわけ(あ、これはクライマックスか)…。うーん、列挙しようと思ったのに、書き出してみると少ないな。

四人の子供たちは育った国も、その環境も全く違う。それでも一緒だったのは、親のことが大好きで、彼らが誇らしく思える自分でありたいと考えていたこと。これはでもきっと、すべての子供がそうだよね。他の章ではどう考えても分が悪い、セイディの章で私はすっかり優等生であらねば、という縛りに雁字搦めにされた彼女に同情してしまいました。長じて(というか、老いて、かな)彼女がどうなったかを知っているだけに、切ないな、これ。

子供のころの核は、良くも悪くもその人の人格を形成する。子供が親になっても、祖母になっても、曾祖母になったとしても、その核というか輪郭がくっきりしているところもすごかったです。六歳から突如大人になっていて、その過程をすっ飛ばしているというのに、やっぱりその人はその人なんだ。

↓以下、「続きを読む」では話の核心に触れております。
著者による注をここにも引用いたします。

 戦争により失われたドイツの人口を補うため、外国の子供たちを”ゲルマン化”するという大規模な計画が、一九四〇年から四五年にかけて、ドイツ国防軍の占領地域において実施される。ハインリヒ・ヒムラーの命を受け、ポーランド、ウクライナ、その他バルト海沿岸の国々で、二十万人を越える子供が拉致された。学齢期の児童は「アーリア的な」教育を受けるために特別なセンターに送られ、多数の赤ん坊を含んだ幼児たちは「レーベンスボルン」(「生命の泉」を意味する、ナチスの名高い”優秀児育種場”)を経て、その後、ドイツ人家庭に引き取られていった。
 終戦直後の数年間、UNRRA(国際連合救済復興機関)と拉致被害者救済組織が協力して、これらの子供たちのうち約四万人を本来の家庭に戻した。

皆川さんの「死の泉」も衝撃でしたが、この本も能天気とも思えるソルの語り口から、そんなところへ連れて行かれるとは、衝撃的でした。子供が語るだけに、どの部分も語り口は平易なものなんだけどね。
コメント
この本とっても興味がわきました!いつか手にとってみたい♪
でも近隣の図書館に新潮クレストブックスはいっているかなあ(笑)
【2008/12/04 22:38】 | ガーベラ #- | [edit]
ガーベラさん、どもども。
ええ、いつか読んでくださいな~。
ソルはスポイルされてるし能天気、とか書きましたが、ソルの時にはイラク戦争が、ランダルの時にはレバノンの内戦が、そして、クリスティーナの時には第二次世界大戦が、と世界では常に戦争が起こっているのです。
人の世って…、と思うところもありますが、いろいろ考えさせられました。

えー、たぶん、図書館にはあるのではないでしょうか♪
でも、図書館って出版社のシリーズ別で置いてあったりしないですもんね。
私は時々、あ、こんなとこに、新潮クレストブックスが!と思います。笑
【2008/12/06 23:58】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1208-d56da983
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。