スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「アメリカにいる、きみ」/ナイジェリアという国を知っていますか

 2008-11-10-22:44
アメリカにいる、きみ (Modern&Classic) (Modern&Classic)アメリカにいる、きみ (Modern&Classic) (Modern&Classic)
(2007/09/21)
C・N・アディーチェ

商品詳細を見る

ラッタウット・ラープチャルーンサップの「観光」の記事にコメントした際に、P&M_Blogのpiaaさんからお勧め頂いた本です。

著者が1977年生まれと比較的若いこと(「観光」は更に若く1979年生まれ)、みずみずしい筆致と確かに連想させられる部分もあるかも。でも、私が感じたのは、ルワンダの大虐殺を描いた「ジェノサイドの丘」(上巻感想下巻感想)を読んだ時と同じように、自分は何も知らないんだなぁ、ということ。

ナイジェリアという国について、よく知っているという人はきっと少ないでしょう。Wikipediaを読んでも(ナイジェリアの項にリンク)、とっても複雑な成り立ちの国家であることが良く分かります。それは、ほとんどすべてのアフリカの国々に当てはまることなのかもしれないけれど…。
目次
アメリカにいる、きみ
アメリカ大使館
見知らぬ人の深い悲しみ
スカーフ―ひそかな経験
半分のぼった黄色い太陽
ゴースト
新しい夫
イミテーション
ここでは女の人がバスを運転する
ママ・ンクウの神さま
 訳者あとがき
もちろん、これは「ジェノサイドの丘」のようなノンフィクションではなく、物語であるわけなんだけど、巧みに織り込まれたナイジェリアという国の内情が胸を打ちます。最初は自分がナイジェリアを知らないだけに、ちょっとカタログ的?と思ってしまったけれど、悲しい苦しい話の中に、著者近影の力強い笑顔のように、どことなく明るいユーモアが見える短編集でした。

心に残ったのは、「見知らぬ人の深い悲しみ」、「スカーフ」、「イミテーション」、「ここでは女の人がバスを運転する」。後ろに収録されているものの方が、少し柔らかくなっているような印象を受けました。なんかね、ここに筋を書いてしまうよりも、頭の中でもう少しゆらゆらとさせておきたい感じ。話の筋も勿論大切だけれど、それ以上の空気とか雰囲気を沁み込ませておきたいなぁ。

ラヒリの物語には内戦が影を落とすことはないけれど、インドのジュンパ・ラヒリを思わせる部分もありました。ラヒリと同じくびっじーん!だしね。

アフリカといえば、面白かったんだけど、どうもネット上でもあまり感想を見かけない「哀しいアフリカ」の感想にリンク。実話だなんてうっそでしょーーー!な、国際的私立探偵、ケリー・ジェームズ氏の冒険譚。面白いですよー。
コメント
おお、お読みになったんですね。
>頭の中でもう少しゆらゆらとさせておきたい感じ
なんとなくわかります。
気に入ってもらえたようでよかった。

ラヒリとの共通点が「美人」というのは…確かにそうですね。
気づきませんでした。

【2008/11/13 00:17】 | piaa #- | [edit]
piaaさん、こんばんはー。
はーい、読みましたー!
ご紹介、ありがとうございました♪

えへへ、著者近影、美人でしたよね。
弾ける若さを感じました♪
「美人」というだけではなく、高い教育を受けていること、同郷の男女にお見合いのようなものが用意されていること、などにも共通点を感じました。
「スカーフ」なんかも、怖かったですねえ。

確か、piaaさんのところでも、どなたかがお勧めされていたと思いますが、イーユン・リーの「千年の祈り」も実によい短編集ですよ。
まだでしたら、ぜひぜひ♪
【2008/11/13 23:17】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1200-5da63ba4
【2008/11/13 23:28】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。