スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「年下の男の子」/あいつはあいつは…

 2008-11-08-20:12
年下の男の子年下の男の子
(2008/05/16)
五十嵐 貴久

商品詳細を見る

目次
出会いについて
メールについて
ディナーについて
会議について
引っ越しについて
デートについて
告白について
紹介について
ご褒美について
×××について
交際について
別れについて
神様について
三十七 マイナス 二十三 イコール 十四。

この年齢差の恋愛はありやなしや?

それも、女性の方が年上だったとしたら?

というお話。


いやー、これが実に楽しいんですよ。

児島クンの懐きっぷり、晶子の逡巡。リアルかどうかは良く分かりませぬが、楽しませて頂きました。
三十七歳、独身。このたび、ついにマンションを購入までしてしまった、食品会社宣伝部広報課勤務、川村晶子。結婚を諦めたわけではないけれど、四年前に彼がいたきり、交際している男性もいない。

代り映えのしない日常の中、先方のミスとは言え、会社人生初とも言えるトラブルが起きてしまう。ミスを取り戻すため、徹夜のシール張り作業をともに行うことになった、取り引き先PR会社の若い男性、児島達郎。深夜の難作業を行う中、ある種の感情が芽生えるけれど、それは危機をともに乗り越えたからだと思っていた。その後の彼の、お詫びを兼ねた食事の誘いも、社交辞令だと思っていたのだが…。

なんだかまめにメールを送ってくる児島くんに絆され、食事を共にする晶子さん。話も合うし、好感のもてる青年である児島クン。晶子の引っ越しも重なり、晶子と力仕事が得意な元・山岳部の児島くんは関係を深めていくのだが…。
有川浩さんの「ラブコメ」ともまた違うんだけど、読みながらなんだかニヤニヤしてしまうんだなぁ、これが。

晶子とも年齢が釣り合い、彼女の憧れの人でもあった、秋山部長の離婚話とか、児島くんに好意をもつ、晶子の後輩小川弥生とか、二人の障害(?)も出てくるんだけど、ここらは割とあっさりしているような気がしました。小川弥生なんて、応援してるよ~!、と言いながら、実際は晶子がとってしまったわけで、もうひと波乱あるのでは?と怯えながら読んでたんだけど、彼女は割とただ大人しいだけの女の子でしたね。いわゆる女性の恋愛小説だと、このあたり、恐ろしい復讐に打って出たりするもんですが、あまりどろどろせず良かったです。

ファンタジーといえばファンタジーなのかもしれないし、ラストはそうきちゃうか!、というのもあるけど、それでも読んでる間、私は楽しかったなー。児島くんの懐き方には、なんだか大型犬を思わせるものもありますが、いいよねえ、こんだけ気が利く児島くん。こんな子が、周りにいたら楽しいだろうなぁ。恋愛ではなくても、好意を示されれば嬉しいわけで、なんつーか大人になっても、その年齢ほどは実際には大人に成りきれていない私なんかは、精神年齢的には結構な年下とも変わらないのよね。最近、会社で一回り下の女の子に癒されている私、こんな恋愛もいいなー、などと思ってしまいました。
コメント
こんばんわ^^TBさせていただきました。
読んでいて面白かったですね~。
私はこんな恋愛はもちろん、アリだと思います。
年齢が違っても、フィーリングの合う人っていると思いますし。
この二人も、一緒にいるところは読んでいて違和感は感じませんでしたし。
私も、小川さんのくだりは一波乱あるのかと思ったのですが、なかったですね^^;ちょっと拍子抜けです。
ラストはちょっといきなりだなとは思いましたが、幸せになってね~
と応援して読み終えました。
読んだ後幸せな気持ちになったとともに、
「あぁ…恋がしたい」と思いました^^;
【2009/03/01 02:21】 | 苗坊 #- | [edit]
苗坊さん、こんばんは~。
トラバどもです。
苗坊さんのこの記事、ちゃんと読んでて、こちらからトラバかけようとしたのですが、どうも苗坊さんから一旦トラバ頂かないと、こちらからは付かないみたいで…。

さて、「年下の男の子」。
んふふ~、面白かったですよね!
ニヤニヤしながら、読んじゃいました。
小川さんのところ、やっぱりそう思われました?笑
でも、そうなるとドロドロしちゃって嫌なんだよなぁ、と思ったので、そこ、あっさりいってくれて良かったです。
うんうん、ラストは幸せになってね~♪、ですよね。
春は恋の季節なのかな。
もしかしたら、苗坊さんの会社に入ってくる新人の「年下の男の子」とか!
(って、苗坊さん、年上の方がいいんでしたっけ~~)
【2009/03/02 00:08】 | つな@管理人 #- | [edit]
こんばんは。
コミカルで明るい雰囲気でしたね。
読んでる間、とても楽しかったです。
【2009/03/02 04:24】 | 藍色 #- | [edit]
藍色さん、こんばんは。
藍色さんとこの記事のトラバ数が、凄いことになってて吃驚しました。
いやー、人気作ですねえ。
ほんと、楽しかったですよね!
晶子の逡巡すらも、にまにまと楽しんでしまいました。
【2009/03/04 22:12】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1199-f6b4a8ba
  • 年下の男の子 五十嵐貴久【苗坊の徒然日記】
    年下の男の子 銘和乳業勤務のわたし(川村晶子)は37歳にしてマンションを購入。 契約翌日、新製品の健康ドリンク「モナ」の宣伝用フリーペーパーをめぐってとんでもないトラブルが発生。 肝心の価格欄が空白のまま刷り上ってしまったのだ。 配布を翌日に控え、徹夜...
【2009/03/01 02:18】
  • 年下の男の子 【粋な提案】
    装幀は重原隆。装画は片岡美智子。「J-novel」連載。 わたし:川村晶子は37歳。 PR会社の児島くん23歳と新製品の印刷トラブルで徹夜作...
【2009/03/02 04:25】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。