スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「知床・北方四島」/流氷の秘密

 2008-10-21-06:32
知床・北方四島 カラー版―流氷が育む自然遺産 (岩波新書 新赤版 1135)知床・北方四島 カラー版―流氷が育む自然遺産 (岩波新書 新赤版 1135)
(2008/05)
大泰司 紀之本間 浩昭

商品詳細を見る

微妙に挫折本なのだけれど、一応メモ。岩波新書のカラー版って好きなんですよね。写真豊富だし、読みやすいし。ところが、ここのところ、色々な本に挫折している私。アザラシかわいー!、ヒグマ迫力あるー!、とパラパラめくりつつも、本としては完全には読めませんでした。

でも、日本人的には当たり前だと思っていた、「流氷」というものが、ヨーロッパや北米からの観光客からは、「海が凍っている」と驚かれるというのが、驚きだったなー。北海道って日本の中では寒いし北の地方だけれど、世界的に見れば特に緯度が高いという場所ではないのだものね。海が氷で覆われるのは「南極か北極辺りだけ」と思うのも、当たり前といえば当たり前?

流氷はオホーツク海北西部の海上で十一月ごろ生まれ、次第に南へと張り出していく。知床半島をかわした後は、根室海峡を漂いながら二月ごろ太平洋へと流れ出て、五月には姿を消す。太平洋に注ぐ漏斗のこし口に当たるのが、根室海峡や国後水道、択捉海峡となる。

勿論、流氷は「流」氷なわけで、実際にそこの海が凍ってるわけではないのだけれど、世界的に見ても、地理条件による特異な現象なんですね。でも、北の風物詩だし、ニュースの定番だから、特に不思議とも思わなかったんだよな。

そして、流氷は豊富な植物プランクトンを連れてきて、それが豊かな連鎖を作りだすのだとか。流氷あっての、あの豊かな自然環境なんですね。自然環境といえば、返還されない方が自然は守られる、というような考え方が通用したのは、旧ソ連時代までの話なのだとか。米原万里さんの本を読んでいても、旧ソ連時代というのも、悪いことばかりではなかったんですねえ。
目次
 はじめに
第1章 流氷が育む生態系
第2章 海と陸との意外なつながり
第3章 地球に残された「最後の秘境」
第4章 生態系に迫る脅威
第5章 自然遺産を守るために
 おわりに
 主な参考・引用文献
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1190-9d007ac6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。