スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「浅田次郎とめぐる中国の旅」/浅田さんと中国

 2008-10-13-22:45
浅田次郎とめぐる中国の旅 『蒼穹の昴』『珍妃の井戸』『中原の虹』の世界浅田次郎とめぐる中国の旅 『蒼穹の昴』『珍妃の井戸』『中原の虹』の世界
(2008/07/30)
浅田 次郎

商品詳細を見る

結局、私は全部を読み切ることなく、時間切れになってしまい、浅田さんの小説の美学などを知ることが出来て良かった~!という、そんなちと勿体ない読み方になってしまったんですが、やっぱりメモメモ。「中国」というテーマは、浅田さんの中でずっと繋がっていて、「蒼穹の昴」、「中原の虹」だけではなく、まだまだ続くそうですよー。

何せ「蒼穹の昴」を読んでからも、「珍妃の井戸」を読んでからも、滅茶苦茶時間が経ってしまっていて。分かり易く描いてくれる浅田さんのお陰で、読んでる間は何とかなるんだけど、せっかく浅田さん自身が「蒼穹の昴」縁の場所をめぐり、説明をしてくれるという企画であるのに、いま一つピンとこないままでありましたよ。勿体なー。「蒼穹の昴」、「中原の虹」と合わせて、訪れる場所は、紫禁城、北京、満州、万里の長城の四か所。「蒼穹の昴」は、古き良き北京のイメージが崩れるから、と敢えてその地を訪れることなく、書かれたそうです。

学者と小説家は違っていて、それでも京極さんとか、この浅田さんとか、在野の人たちがこんだけ調べているのが凄いなぁ、といつもその姿勢には頭が下がります。なお且つ、それらをエンターテインメントに仕立て上げてしまうのだから!

以下、インタビュアー・末國善己氏による「浅田次郎、歴史小説を語る」からの引用です。エピソードが血肉になってない小説は、やはり小説とはいえないよね。

誰でも調べたことは書きたくなる。僕はもともと歴史が好きで歴史小説を書いているので、知っていることは何でも書きたくなるのですが、いかにストーリーを妨害させない程度に抑えるかについては、いつも頭を悩ませています。

僕は小説を書く時に、二つのことを憲法にしています。一つは美しく書く。もう一つは分かりやすく書く。

どれほど難しい題材を扱おうと、分からないという読者がいたら作家の負けです。僕は分かる人間にだけ分かればいいという芸術は、間違いなく二流だという芸術観を持っています。頭で考えるのではなく、一目見ただけで驚きがある、感動するのが本物なんです。
その意味では、文字という知的な道具を使っている小説は、表現としては一番難しい。それでも、いい作品を作るためには、分かりやすく書くという努力は必要だと思います。

コメント
浅田次郎さんの貴重なお話しをありがとうございました。

浅田次郎の作品を読むと、よく泣いてしまいます。
一度、壬生義士伝を、職場の友人達に次々と貸し出してみました。 あとでそっと聞くと、みな泣いたようです。おそろしいことです。 
映画もさそって見にいったりもして(男ばかりの気持ち悪い集団です)、一時期、職場の話題は壬生義士伝でもちきりになりました。

椿山課長の7日間も貸し出して、友人達を泣かせました。(泣き虫でほんとなさけないヤツラです) きっとそのうちの何人かは浅田次郎の本を自分で買うようになってしまったのではないかと思います。

【2008/12/04 14:38】 | いの #- | [edit]
いのさん、こんばんは。

いやー、私も覚えておきたくて、ついつい引用をしてしまいました。

浅田さんの作品は、泣けますよねえ。
「壬生義士伝」。私はうっかり電車の中で読んじゃったので、泣ける部分で困りました…。
映画もご覧になったのですね。
私は未見なのですが、みんなで行くのも素敵ではないですか!
気持ち悪くないですよー。笑

「椿山課長~」は未読なんです。
浅田さんといえば泣ける物語も良いのですが、浅田さんがカジノをめぐる「カッシーノ!」もゴージャスかつ面白かったです。
【2008/12/06 23:51】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1188-e40e6bc5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。