スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「海の底」/熱き血潮を

 2008-09-21-15:06
海の底海の底
(2005/06)
有川 浩

商品詳細を見る

陸空ときて、これが「海」ですね。此度、地上を襲うのは、突然海からやって来た、赤い巨大甲殻類。正体はおいおい明かされるけど、つまりは赤くどでかいエビが地上を荒らすのです。

「塩の街」、「空の中」と違うのは、ヒーロー側が二人であることでしょうか。「塩の街」でも、秋庭と入江という二人の男性が出てくるけど、あれってコンビとは言えないしなぁ。

桜祭りで賑わう米軍横須賀基地を、突然襲った赤い巨大甲殻類。逃げ惑う人々は、文字通り甲殻類たちに、「食われて」しまう。その時、米軍横須賀基地内の海自施設近くに、二人の実習幹部を乗せた潜水艦、『きりしお』がいた。

『きりしお』に出された突然の出航命令。出航不可であれば、そのまま艦を捨てて陸へあがれ、との有り得ない指令。何が何だか分からないまま、乗員は陸へと上がるのだが…。

夏木、冬原の二人の実習幹部は、艦長の死という大きな犠牲を払いながら、桜祭りを見に来ていた子供たちと共に、『きりしお』内に立て篭もることになる。子どもたちの中の唯一の女性、高三の森生望、彼女を異常に敵視する、中三の遠藤圭介、圭介の顔色を伺う他の子どもたち、望の喋らない弟、翔。小一から高三まで十三名の子どもたち。彼らが住む町内の歪みが、そのままこの狭い潜水艦の中でも、拡大される。

秩序を作り、生活することで手一杯の潜水艦の中。大人は、夏木、冬原の二人のみ。料理を作ったこともなく、もちろん子供の世話をしたことなどない。加えて、まだまだ若い彼ら二人は、(仕方のない事情とはいえ)、この子供たちのせいで、艦長を亡くしたばかり。色々な感情を飲み込みながら、二人は潜水艦内での子どもたちとの共同生活を軌道に乗せる。

一方、地上では自衛隊の出動が許されないまま、機動隊を中心とした警察主体の応戦が続く。神奈川県警への応援を開始していた警視庁に加え、警察庁と関東管区警察局からも人員が選出され、神奈川県警による対策本部に合流する。その名も、『横須賀甲殻類襲来事件』現地対策本部。指揮を執るのは、エリートである警察警視庁警備部参事官の烏丸。こちらは叩き上げで、問題児でもある県警本部の警備課、明石警部と二人、コンビを組んで、自衛隊へのリレーを落とし所として奮闘する…。
対応できる武器を所持しつつも、出動命令がないと動くことが出来ない自衛隊、何の装備もないまま戦わなくてはならない警察。どちらも苦しいのです。

ここでも勿論「恋愛」が出てくるわけで、それはぶっきら棒な優しさをもつ夏木とのお話。ふつーは、人当たりが良く、外面の良い冬原の方に懐くんじゃ?と思われつつも、森生・姉が心を寄せるのは、冷たい冬原よりも、熱さをもった夏木なんですねー。五年で三尉から二尉になってるっていうのは、順調な昇進コースと言えるのでしょうか? 思わず自衛隊の階級を調べてしまいましたが、良く分からん…。とりあえず、夏木、冬原の二人は大卒なのね、ってことしか分からず。

これにて、有川さんの自衛隊三部作を無事読み終わりました♪ これって、陸海空がそろっただけではなく、男性陣の名前には春夏秋冬も揃っているんですねー。「クジラの彼」には、「海の底」では多少冷血漢にも描かれる冬原が出て来るのだとか。こちらも読まなくては! しかし、「沈む」ではなく「潜る」。それはいいとして、潜水艦乗りは、タクシーにも乗車拒否される程の悪臭を放つってのは、本当なんですかねー。うーむ、恐ろしいぞ。
CONTENTS
一日目、午前。
一日目、午後。
二日目。
三日目。
四日目。
五日目。
最終日。―そして、
コメント
こんにちは。TBさせていただきました。
私、「空の中」だけ未読なのです。最近文庫本を購入したので近々読みたいなと思っています。
この作品を読んだときは最初、何じゃ!?と驚きました^^;凄い設定に。
夏木と冬原の掛け合いが「図書館戦争」の堂上と小牧に見えてしょうがなかったのですが、私も望と同様、惹かれたのは夏木でした。
ぶっきらぼうだけど、優しい男の人には弱いです^^
まあ、冬原には彼女がいますしね。「クジラの彼」読んで下さい!オススメです。
冬原の恋模様も書かれていますが、夏木と望の数年後も出てきますよ^^
【2008/09/27 14:50】 | 苗坊 #9hU5me4E | [edit]
苗坊さん、トラバありがとうございます♪
うふふ、「空の中」もいいですよー。
で、このあと、「クジラの彼」も読んだのですが、「空の中」との関連も見つけました♪ 
「海の底」の設定、すごいですよね。まんま、怪獣映画じゃん!という。笑
ぶっきらぼうだけど優しい夏木、良かったですよね。
「クジラの彼」も読み終わったことだし、そろそろ図書館戦争シリーズも読まなくっちゃ!
【2008/09/28 20:35】 | つな@管理人 #- | [edit]
つなさん、こんばんは。
ぼくは『空の中』をハードカバーで買って読んで以来、ずっとファンでした。
『図書館戦争』以来人気が爆発して、大事な作家さんを取られてしまったような気分です(笑)
【2008/10/05 19:38】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
わー、ディックさん、早い!笑
私なんてねえ、たぶんそういう人は多いと思うんですが、有川さんを男性だと思ってましたしねえ。
「図書館戦争」は、ほんとに大ブレイクでしたもんね。
私はそれで知った口ですけど。笑
好きな作家さんが爆発的に売れるのは、うれしいような、うれしくないような、でしょうか。笑
【2008/10/06 23:43】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1177-f57f6804
  • 海の底 有川浩【苗坊の読書日記】
    海の底 横須賀に巨大甲殻類の大群が押し寄せてきた! 一般人も巻き込まれ大パニック状態で、犠牲者も多く出た。 海上自衛隊の夏木大和と冬原晴臣は、艦長の命と引き換えに13人の子ども達を助け出した。 しかし、非難した場所は巨大甲殻類が周りを取り囲む潜水艦「きり...
【2008/09/27 14:47】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。