スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ショコラティエの勲章」/甘いミステリー

 2008-09-15-00:07
ショコラティエの勲章 (ミステリ・フロンティア 44)ショコラティエの勲章 (ミステリ・フロンティア 44)
(2008/03)
上田 早夕里

商品詳細を見る

タイトルを見て、ミステリーのジャンルも豊作となって、随分細分化されるようになったんだなー、と思ったんですが、表紙の大人っぽい雰囲気そのままに、なかなか楽しめる作品でした。細分化されちゃうことで、お話が固定されちゃうことを懸念したんだけど、お話のバラエティという点でも文句はなかったです。

人気ショコラトリーのシェフを探偵役に、お隣の和菓子屋の売り子の女性をワトスン役とした、連作集。ショコラトリーと和菓子屋、異なるお店を配置することで、お話が一本調子にならず、同じ甘みに傷することもないのかも。
目次
第一話 鏡の声
第二話 七番目のフェーヴ
第三話 月人壮士
第四話 約束
第五話 夢のチョコレートハウス
第六話 ショコラティエの勲章
語り手は、老舗の和菓子店、<福桜堂>の売り子をしている、絢部あかり。上等の上生菓子を売っているという誇りを持ちつつも、時にそれが時代遅れのように感じ、揺らぐこともある。特に、隣のショコラトリー、<ショコラ・ド・ルイ>の賑わいを見た時などは。短大卒業後、五年間勤めた会社が倒産し、仕方なしに父が工場長を務める、<福桜堂>の売り子になったあかり。あかりにとってこれは単なる臨時の職なのだが…。

えーー、ここで解かれるのは、所謂日常の謎系のミステリとでもいいましょうか。店頭で消えた商品の謎、結婚祝いの焼き菓子に入っていた、七個目のフェーヴの謎、<福桜堂>の競作菓子の謎、などなど。

人が死なないミステリーで、描かれるのも大抵は人の心の機微。探偵役の長峰シェフも、優しいだけではなくって、いかにも職人的な厳しさもある。ちょっと良く分からなかったのが、語り手のあかり。洋菓子にも和菓子にも矢鱈と詳しく、舌も確かみたいなんだけど、今の仕事も「臨時」と言っちゃうし、少々ね、まだ若いのにそんなに引いちゃうことないんじゃない?と思ったり。も少し、この仕事が好きだー!とか、将来こうしたい!、とかいうのが、あってもいいんじゃない?などと思うのでした。いや、そこ主眼じゃないんだろうけどさ。でも、職人同士の絆を羨ましがったりしているわけだし、傍観者でい続けることもないと思うのです。あと、SNSのオフ会などが出てくるところは、いかにも時代なんですかねー。

さて、この中で私が一番好きだったのは、「約束」。<ショコラ・ド・ルイ>の沖本に誘われて、南仏料理のレストランへと出かけたあかりは、そこで沖本と長峰シェフが共に過ごした東京のパティスリーでの話を聞く。軽薄なように思えた、沖本の同期の梅崎が、テレビ出演に拘ったり、フルーツタルトに拘ったわけとは…。

しかし、どうしたってこれ、美味しいお菓子がべたくなりますよーー。美味しいお菓子と、それに合う飲み物を用意して読み始めるのがベストですね。うーん、神戸はお菓子が充実してそうで、いいなー。

関係ないけど、東京創元社のミステリ・フロンティアを読むのも随分久しぶり。いつの間にやら、知らない作家さんも増えてるなぁ。
コメント
 こんばんは。樽井です。
 また遊びにきました。アドレスがわからなくなり、もう二度と辿り着けないかと思いましたがなんとか来ました。自分、甘いものとグルメミステリに目がないので、これ、すごく楽しめそうです。表紙のチョコレート色もすごくいい感じだし、読んでみたいですね。
 またこれなくなると困るので、リンクはらせていただいてよろしいですか?
【2008/09/15 19:05】 | 樽井 #- | [edit]
樽井さん、再びいらっしゃいませ。
なんとか辿り着かれたようで良かったです。笑
一応、樽井さんとこからだと、jettさんとこからと、ペトロニウスさんとこ(こちらは繋がるのが、旧ブログだけど)のリンクからも辿れるのかなぁ。
お、でも、すでにリンク入れて下さったんですね!
しかし、私は昨日、一昨日あたりに、樽井さんとこを勝手にリンクに入れていたのでした。笑 無断でがしがし入れちゃうので、お気に障ったらすみません~。
リンク貼って下さるのは、嬉しいです♪

さて、「ショコラティエの勲章」。
洋菓子だけかと思いきや、これが和菓子も美味しそうなんですよ!
甘いものミステリといえば、米澤穂信さんの「春期限定いちごタルト事件」「夏期限定トロピカルパフェ事件」も好きです♪
「秋期限定マロングラッセ事件」が出るのはいつの日かしらん。
【2008/09/15 22:54】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1172-7ad59b17
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。