スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「幽談」/かそけき

 2008-09-06-16:04
幽談 (幽BOOKS)幽談 (幽BOOKS)
(2008/07/16)
京極夏彦

商品詳細を見る

怪談ではなく、聞きなれない言葉、幽談。幽霊の話に限定されるというわけでもなく、この世ならぬ幽かな淡いお話を集めたものとでも言いましょうか。

こわいもの、この世ならぬものは、すべて自分たちの外からやって来るものなのだろうか。勿論、外からやって来るこわいものもあるけれど、実際は誰よりも知っていると思っている、自分の中にもこわいものは存在するかもしれない。そもそも、これが自分だ、これが自分が見ているものだ、と思っていても、それらすべてがまやかしではないと、一体誰が証明できるのだろう。
目次
手首を拾う
ともだち
下の人
成人
逃げよう
十万年
知らないこと
こわいもの
この中で好きだったのは、若い女性がベッドの下にいる、あるものについて悩む「下の人」。

あとは、微妙にありがちではあるかもしれないけれど、「成人」。二十年がたって成るのは、人間だけではない…?

余白多めで、ひたひたと繰り返してのっけてく感じの文章なので、このゆっくりひたひたのペースに乗れないと、一部、ちょっと辛いことも。そういう意味では、「こわいもの」は読みにくかったし(すぐに字の上を目が滑って、意識が飛んじゃうの)、現代風の女性が語るからか「下の人」は読み易かったなぁ。

京極さんだからといって、何でもかんでも京極堂シリーズに繋げて考えるのは、おかしいかもしれませんが、「ともだち」、「十万年」の語り手なんかは、もしあのシリーズに出てきたとしたら、ぐずぐずと喋っては、京極堂にすぱーーーーんと憑きものを落されそうな感じもします。

実際に視えてしまう、この世ならぬものも勿論怖いけれども、「こわいことを考えてしまった」とか、マンガ『ぼのぼの』なんかにおける「こわい考えになってしまった…」など、自分の中で出来てしまう、ぐるぐるした妙な考えも十二分に怖いよねえ。きゃー。
コメント
「旧怪談」がなんだか微妙だったんで買ってないんですが…どうなんでしょうね。
今日も本屋で見かけて買おうかと思ったんですが、恩田陸の新刊が出てたんでそっち購入しちゃいました(笑
【2008/09/08 19:35】 | おんもらき #SFo5/nok | [edit]
うーん、正直、買うほどではないでしょう。笑
何度も読む感じではありません。
図書館で見かけたら、くらいかなぁ。
恩田さんの新刊も出てるんですか!
うわーん、新刊は全然追えない…。
せめて、実書店に行ってこなくっちゃ!
【2008/09/08 22:24】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1164-7158ab0d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。